mozilla
Your Search Results

    Accessible Rich Internet Applications

     

    Accessibility Rich Internet Applications(ARIA) の Firefox による実装は、ツリービューやメニューバー、表計算などのデスクトップスタイルのウィジェットを、キーボードとスクリーンリーダや拡大鏡、代替入力機器などの支援技術から利用可能にします。また、ページ上で一部を AJAX スタイルのライブアップデートを行う際のアクセシビリティの解決策を提供します。

    ARIA は、以前は DHTML アクセシビリティとして知られており、W3C - World Wide Web Consortium にて開発中の標準です。すべての文書は Protocols and Formats Working Group 公式ページ で利用可能です。ここには、ARIA ロードマップ および ARIA roles 仕様, states モジュール が含まれます。

    Firefox における ARIA のためのソースコードは IBM によって寄贈されています。

    また、ARIA のよくある質問とその答え(FAQ) もご覧ください。


    ARIA の例は Firefox の実装で説明することができます。コミュニティが W3C の Protocols and Formats グループがいくつかの標準化プロセスを経て ARIA 実装へと移行するのを待つ間、今日のウェブサイトはすでに Firefox の ARIA サポートを利用して書かれています。バグ修正と小さな改良は続いており、Firefox における ARIA サポートは進化し続けています。

    キーボードによる操作

    キーボードナビゲーションは二通りの方法でサポートされています:

    1. HTML の tabindex 属性を通して、どの HTML 要素へもタブで移動可能にし、また少なくとも、スクリプトやマウスを通してフォーカスすることができます。タブで移動可能な要素と単にフォーカス可能な要素を区別することによって、コンテナ内の子要素を矢印キーを使って移動できる、ツリービューや表計算のようなコンテナウィジェットを開発することができます。現在、これは Internet Explorer や Firefox, Opera で動作します。Safari では動作しません。キーボードから操作可能な DHTML ウィジェットの tabindex コードの書き方は、Practical documentation on building key navigable custom widgets を参照してください。
    2. aria-activedescendant 属性を通して。これを利用すると、とても簡単です。(例えば、list や tree, grid などの) コンテナウィジェット 上に tabindex="0" を置くだけで、ウィジェットがタブの移動順に追加されます。そして、aria-activedescendant="[id]" 属性を持つ、現在フォーカスされたものの子孫にフォーカスが移ります。コンテナウィジェット上の keydown ハンドラは、そのフォーカスが移った子孫に変更され、現在の項目がそれと分かるように (border や background color によって) スタイル付けされます。この方法は、すべてのブラウザで動作させることができます。この動作を直接描いた例は、listbox example のソースコードをご覧ください。

    支援技術のための基本的なサポート

    支援技術のサポートには、Firefox 2 以降と、各ウィジェットを記述するために ARIA マークアップを使用するコンテンツを必要とします。例えば、各ウィジェットの種類を指定するために ARIA role を使用する必要があります。ウィジェットの種類にはメニューやスライダー、プログレスバーなどがあります。各 role は、checked および selected, required, invalid, expanded などの追加の property 属性をサポートします。

    マークアップ例

    ARIA の勧告が変更され、名前空間がマークアップ内で使用されなくなったため、HTML 内で使用できるようになりました。

    例えば、checkbox は以下のように指定します:

    HTML では (要 Firefox 3)

    <span tabindex="0" role="checkbox"
          aria-checked="true"
          onkeydown="return checkBoxEvent(event);"
          onclick="return checkBoxEvent(event);">
      チェックボックスのラベル
    </span>
    

    伝統的な名前空間によるアプローチ (サポートされません)

    これは、歴史に残しておくための名前空間によるアプローチです。この方法は宣言が使用されるため、XHTML が必要です。Firefox 3 ではサポートされません:

    <span tabindex="0" role="wairole:checkbox"
          aaa:checked="true"
          onkeydown="return checkBoxEvent(event);"
          onclick="return checkBoxEvent(event);">
      チェックボックスのラベル
    </span>
    


    上記の checkbox はカスタム構成です。しかし、支援技術とユーザに関しては通常の checkbox のように動作します。作者が望めば、CSS を通してビジュアルな外観にすることができます。以下に各属性の意味を解説します:

    属性 意味
    tabindex="0" <span> ベースのチェックボックスをタブで移動する順番に含め、マウスでクリックしてフォーカスできるようにします。対照的に、tabindex="-1" はスクリプトやマウスクリックから要素をフォーカスできるようにしますが、既定のタブで移動する順番には含まれません。
    role="checkbox" これが checkbox であることを指定します。スクリーンリーダなどの支援技術は、これが checkbox であることを知ることができます。
    aria-checked="true" checkbox はチェックが入っているかどうかをサポートしています。この指定により、checkbox がチェック可能であることを示しています。property は支援技術にも向いています。
    onkeydown="return checkBoxEvent(event);" スペースキーでチェックの切り替えができるようにします。checkBoxEvent() メソッドでこれを実装しています。同様に、(消費された)イベントが伝達され続けるべきではない場合に false を返します。
    onclick="return checkBoxEvent(event);" キーボードハンドラに加えて、これも必要です。checkbox をクリックすると checkbox の値を切り替えます。

    このマークアップが使用されている例は、ARIA サンプル をご覧ください。Firefox はこれらのマークアップ role と property を MSAA - Microsoft Active Accessibility ATK - Accessibility Toolkit (from Gnome Accessibility Project) から実装しています。これは、Windows と Linux 上でのアクセシビリティ API 標準です。ウィジェットの情報がアクセシビリティ API 標準を通して公開されているため、支援技術はこれらのウィジェットを用いて、新しいコードなしで多くの互換性を得ることができます。現在、最も完全なスクリーンリーダによるサポートには Window-Eyes 5.5 が必要です。 ZoomText などのスクリーン拡大鏡もまた、ARIA と互換性があります。

    Internet Explorer による role や property のサポートは現在利用できません。Internet Explorer は現在、これらのウィジェットのキーボード操作のみサポートしています。支援技術ベンダーは、Internet Explorer を変更せずに DOM と DOM 変更イベントを直接探すことによって、ARIA のセマンティクスをサポートできるようにするべきです。

    XHTML と HTML のどちらを選ぶか

    XHTML と HTML (または SVG と XUL) のどちらを使用するかという問題はなくなりました。Firefox は名前空間なしの新しいマークアップを、他のものと同じ方法で処理します。content type の心配をしなくても、ARIA マークアップ宣言を使用し、それを他のものと同様に動的に設定することができます。初期の ARIA の扱いに比べれば、これは劇的な向上です!

    サンプルウィジェット

    キーボードとマウスによる操作をテストする

    キーボードまたはマウスによる操作は、Internet Explorer と Firefox のどちらでも可能です。サンプルの HTML バージョンのみが Internet Explorer 上でテストし、動作するように作られているので注意してください。サンプルの XHTML バージョンはそうではありません。

    Firefox のアクセシビリティ拡張でテストする

    Firefox Accessibility Extension は ARIA role のアクセシビリティをテストする機能を持っています。

    スクリーンリーダでテストする

    スクリーンリーダのサポートは Firefox 1.5 以降でのみ利用可能です。以下のコンポーネントをインストールする必要があります:

    1. Firefox: Firefox からダウンロードしてインストールしてください。
    2. スクリーンリーダ: スクリーンリーダでテストするには Window-Eyes 5.5 以降が必要です。加えて、JAWS 7.x が ARIA の一部をサポートしています。また、Orca 2.20 以降が Firefox 3.0 のほとんどの ARIA ウィジェット型をサポートしています。

    サンプルはどこにありますか?

    注意: 以下の例は、次のセクションの role/property にもあります。

    Dojo Toolkit

    Dojo 1.0 widget toolkit のすべての Dijit ウィジェットコアは ARIA をサポートしています。スクリーンリーダをサポートする Dojo の例は、Firefox 2 または Firefox 3 で開かなくてはなりません。

    イリノイ大学

    イリノイ大学の ARIA テストスイートは、スクリーンリーダのサポートに Firefox 3 が必要です。

    Mozilla ベアボーンの例

    Mozilla.org の ARIA テストページは、ここから学ぶためのいくつかの例を提供しています。スクリーンリーダのサポートは Firefox 3 が必要です:

    1. Checkbox, 説明つき Button
    2. グラフィカルな slider, 簡単な slider, Progress bar
    3. Alert
    4. menubar 付きの Grid (spreadsheet)
    5. タブパネル
    6. Listbox
    7. Tree ビュー, Tree ビュー #2

    CLC World: live region の例

    現在の live region の例 は Fire Vox 内で動作します。Fire Vox スクリーンリーダ拡張の実行は、Firefox のどのバージョンを使用しても問題ありません。

    サポートされている role

    ここには、Firefox に対応した使用例のある role と 各 role に対応する property の表があります。一部の property は "universal properties" であり、すべての要素上で動作することに注意してください。詳しくは、対応する property のセクションをご覧ください。

    他の方法で指示されていない限り、property はブーリアン値で true または false に対応します。ブーリアン値である場合は、値が設定されていない属性には false が設定されます。

    ただし、checked および selected, expanded 属性は特別です。属性に false が提供されている場合は、ウィジェットが checkable/selectable/expandable であると指示され、false が無いものとは異なります。

    また私たちは、これらの情報を Firefox がどのように Windows(MSAA) や Linux(ATK) 上のアクセシビリティ API を通して公開しているか、技術の詳細を提供しています。

    Role サポートされている作者が定義した property † 自動的にサポートされる property 使用例 Firefox 1.5 対応 Firefox 2 対応 Firefox 3 テストビルド対応
    alert   子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org alert, Window-Eyes 5.5 以降、ZoomText 9.1 以降、JAWS 7.1 以降
    alertdialog   子コンテンツまたは title 属性からの名前   なし Window-Eyes 5.5 以降、ZoomText 9.1 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、ZoomText 9.1 以降、JAWS 7.1 以降
    application     Mozilla.org Grid (spreadsheet) と menubar Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降、Orca 2.20 以降
    button
    • disabled
    • pressed
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Weba11y button 説明付きの Mozilla.org button, UIUC button Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 8.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 8.0 以降、Orca 2.20 以降
    checkbox
    • checked
    • disabled
    • readonly
    • required
    • invalid
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org checkbox, UIUC checkbox Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    columnheader
    • disabled
    • selected=true|false (selected 属性が無いときは選択できない状態を指示)
    • readonly
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    combobox
    • disabled
    • readonly
    • expanded
    title 属性からの名前 Mozilla.org combo box Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    description   子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org button Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降
    要素上では、その要素のための記述と共に aria-describedby を使用する必要があります。
    Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    dialog     Dojo dialog   Orca 2.20 以降
    directory       公開されているが、対応する特別な支援技術は無い
    document       Window-Eyes 5.5 以降
    grid
    • disabled
    • readonly
    • multiselectable
    title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar, UIUC grid
    • Window-Eyes 5.5 以降は完全対応
    • JAWS 7.1 以降は一部対応(JAWS は row/column ヘッダを読まないため)
    • まだ公開されていなかったため、Firefox 1.5 では multiselectable に未対応。
    • Window-Eyes 5.5 以降は完全対応
    • JAWS 7.1 以降は一部対応(row/column ヘッダを読まないため)
    • multiselectable に対応している場合、検証データをテストする必要あり
    • Window-Eyes 5.5 以降は完全対応
    • Orca 2.20 以降は完全対応
    • JAWS 7.1 以降は一部対応(row/column ヘッダを読まないため)
    • multiselectable に対応している場合、検証データをテストする必要あり
    gridcell
    • disabledselected=true|false (selected 属性が無いときは選択できないない状態を指示)
    • readonly
    • invalid
    • required
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar, UIUC grid
    • Window-Eyes 5.5 以降は完全対応
    • JAWS 7.1 以降は一部対応(各セルに関連する row ヘッダまたは column ヘッダセルを読まないため)
    • Window-Eyes 5.5 以降は完全対応
    • JAWS 7.1 以降は一部対応(各セルに関連する row ヘッダまたは column ヘッダセルを読まないため)
    • Orca 2.20 以降
    group   title 属性からの名前 UIUC tree, Mozilla.org progress bar Window-eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    img   title 属性からの名前 Mozilla.org 並べられた image 未対応 未対応 Orca 2.20 以降
    label   子コンテンツまたは title 属性からの名前   Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降
    link   子コンテンツまたは title 属性からの名前、linked(常に true) disabled 名前の処理が不正確 名前の処理が不正確 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降
    list
    • readonly
    • multiselectable
    title 属性からの名前   Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降
    listbox
    • disabledreadonly
    • multiselectable
    title 属性からの名前 Mozilla.org listbox なし Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    listitem
    • disabledselected=true|false (selected 属性が無いときは選択できない状態を指示)
    • checked=true|false (checked 属性が無いときは checkable ではない状態を指示)
    子コンテンツまたは title 属性からの名前   Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    log (チャットログ、ゲームログ、エラーログなど。デフォルトで実況)     AJAX チャット 公開されているが、現在は対応する特別な支援技術は無い
    menu disabled title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar Window-eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    menubar disabled title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar, UIUC menubar Window-eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    menuitem
    • disabled
    • checked=true|false|mixed
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar, UIUC menubar Window-Eyes 5.5, JAWS 7.1 以降 (checked=mixed には未対応) Window-Eyes 5.5, JAWS 7.1 以降 (checked=mixed に対応している場合、検証データをテストする必要あり) Window-Eyes 5.5, Orca 2.20 以降、JAWS 7.1 以降 (checked=mixed に対応している場合、検証データをテストする必要あり)
    menuitemcheckbox
    • checked
    • disabled
    checkable, 子コンテンツまたは title 属性からの名前   なし 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり
    menuitemradio
    • checked
    • disabled
    checkable, 子コンテンツまたは title 属性からの名前   検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり
    option
    • selected=true|false (selected 属性が無いときは選択できない状態を指示)
    • checked=true|false (checked 属性が無いときは checkable ではない状態を指示)
    • disabled
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org listbox なし Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    presentation   これらの項目はアクセシビリティの階層から自動的に削除されます。table 上に置いたときは、table 以下のすべての子孫もまたアクセシビリティの階層から自動的に削除されます。   MSAA や ATK のようにアクセシビリティ API を使用する、DOM ベースでない支援技術すべて
    例えば、Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、ZoomText 9.1 以降、Orca 2.20 以降で動作するが、Fire Vox では動作しない
    progressbar
    • disabled
    • valuenow="#"|"unknown"
    • valuemin="#"
    • valuemax="#"
    title 属性からの名前 Mozilla.org progress bar Window-eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    radio
    • checked
    • disabled
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 模擬 radio buttons ATRC radio buttons (ARIA の名前空間のみ), UIUC radio buttons Window-eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    radiogroup
    • disabled
    • invalid
    • required
    title 属性からの名前 UIUC radio buttons Window-eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    region       公開されているが、対応する特別な支援技術は無い
    row
    • disabled
    • selected=true|false (selected 属性が無いときは選択できない状態を指示)
    • checked=true|false|mixed (checked 属性が無いときは checkable ではない状態を指示)
    • expanded=true|false (expanded 属性が無いものは展開できない状態を指示)
    子コンテンツまたは title 属性からの名前   なし なし Firefox 3 に向けて作業中
    rowheader
    • disabled
    • selected=true|false (selected 属性が無いときは選択できない状態を指示)
    • readonly
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org grid (spreadsheet) と menubar Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降、Orca 2.20 以降
    separator       検証データをテストする必要あり
    slider
    • disabled
    • invalid
    • readonly
    • required
    • valuenow="#"
    • valuemin="#"
    • valuemax="#"
    title 属性からの名前 Mozilla.org 平坦な slider, Mozilla.org グラフィカルな slider, UIUC slider Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.1 以降 (JAWS 8.0 では矢印キーによる操作不可) Window-Eyes 5.5 以降、Orca 2.20 以降、JAWS 7.1 以降 (JAWS 8.0 では矢印キーによる操作不可)
    spinbutton
    • disabled
    • invalid
    • readonly
    • required
    • valuenow="#"
    • valuemin="#"
    • valuemax="#"
    title 属性からの名前 Dojo spinner   Orca 2.20 以降
    tab disabled 子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org tab panel, UIUC tab panel Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.21.5 以降
    tablist     Mozilla.org tab panel, UIUC tab panel Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.21.5 以降
    tabpanel     Mozilla.org tab panel, UIUC tab panel Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.21.5 以降
    textbox
    • disabled
    • readonly
    • multiline
    title 属性からの名前 UIUC textfield 未対応 未対応 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降
    toolbar disabled     公開されているが、どの支援技術がこれに対応しているか、または必要としているかが不明確
    tooltip     Mozilla.org tooltip      
    tree
    • disabled
    • multiselectable
    • readonly
    title 属性からの名前 Mozilla.org tree, UIUC tree Windows-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 Windows-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0, Orca 2.20 以降
    treegrid
    • disabled
    • multiselectable
    • readonly
    title 属性からの名前   なし なし Firefox で作業中のため未サポート
    treeitem
    • disabled
    • selected=true|false (selected 属性が無いときは選択できない状態を指示)
    • checked=true|false|mixed (checked 属性が無いときは checkable ではない状態を指示)
    • expanded=true|false (expanded 属性が無いものは展開できない状態を指示)
    子コンテンツまたは title 属性からの名前 Mozilla.org tree, UIUC tree Windows-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、checked=mixed には未対応 Windows-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 Windows-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0, Orca 2.20 以降

    † 下記の表において、適用性の列が "すべての要素" と書かれているすべての要素が universal property を許容します。

    代表的な XHTML の role 属性モジュール

    XHTML の role 属性モジュール は次の role を定義しています: banner, contentinfo, definition, main, navigation, note, search, secondary, seealso

    XHTML では、これらの代表的な role を "wairole:" プレフィックス無しで使用することができます (例: <div role="main">)。理想的なスクリーンリーダーは、これらの role を用いてナビゲーション機構を提供するか、ユーザがメインコンテンツに入ると自動的にナビゲーションを開始します。スクリーン拡大鏡や携帯電話もまた、メインコンテンツから開始するか、特別なハイライトやナビゲーション機構を提供します。しかしながら、これらの role は MSAA 下の role を通じて公開されており、現在ある支援技術には特別なサポートが知られていません。

    サポートされている property

    Property 名 適用性 使用例 Firefox 1.5 対応 Firefox 2 対応 Firefox 3 テストビルド対応
    aria-activedescendant="[id]" すべての要素 Mozilla.org Listbox 無し 無し Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    aria-atomic="true" すべての要素 Fire Vox 2.7 以降 Fire Vox 2.7 以降 Fire Vox 2.7 以降
    アクセシビリティ API を通じて公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    aria-busy="true" or "false" or "error" すべての要素     未実装 未実装
    aria-channel="main" (default) or "notify" すべての要素   未実装 未実装 未実装
    aria-checked="true"
    aria-checked="false" (チェック可能だがチェックされていない)
    roles: checkbox, menuitem, menuitemcheckbox, menuitemradio, listitem, option, radio, treeitem Mozilla.org checkbox,

    UIUC checkbox

    Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    aria-checked="mixed" (チェック可能だが未確定) roles: checkbox, menuitem, treeitem Mozilla.org checkbox 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり
    aria-controls=IDLIST すべての要素 Fire Vox 2.7 以降
    アクセシビリティ API を通じて公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    Fire Vox 2.7 以降
    アクセシビリティ API を通じて公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    Fire Vox 2.7 以降
    アクセシビリティ API を通じて公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    aria-datatype="xsd:DATATYPE" すべての要素   無し 無し 公開されているが、対応する支援技術は無い
    aria-describedby=IDLIST すべての要素 Mozilla.org button with aria-describedby

    Live region with aria-describedby

    Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降、Orca 2.20 以降
    aria-disabled="true" roles: button, checkbox, columnheader, combobox, grid, gridcell, link, listbox, menu, menubar, menuitem, menuitemcheckbox, menuitemradio, option, progressbar, radio, radiogroup, row, rowheader, slider, spinbutton, tab, textbox, toolbar, tree, treegrid, treeitem   Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降 (span への参照点なし)
    aria-dropeffect="copy" または "move", "reference", "none" すべての要素   未実装 未実装 未実装
    aria-expanded="true" roles: treeitem, region, (combobox?) Mozilla.org tree,

    UIUC tree

        Orca 2.20 以降
    aria-flowto=IDLIST すべての要素   公開されているが、対応する支援技術は無い 公開されているが、対応する支援技術は無い 公開されているが、対応する支援技術は無い
    aria-grab= "true" または "false", "supported" すべての要素   未実装 未実装 未実装
    aria-haspopup="true" すべての要素   Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    aria-hidden="true" すべての要素   要素のスタイルに display: none がある場合に動作 要素のスタイルに display: none がある場合に動作 要素のスタイルに display: none がある場合に動作
    aria-invalid="true" すべての要素 ATRC alert,

    Mozilla.org checkbox

    Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降
    aria-labelledby="[IDLIST]" すべての要素 aria-labelledby=IDLIST Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    aria-level=POSITIVE_NUMBER すべての要素、特に treeitem 上で有用   無し 無し ツリービューでのみ動作、Window-Eyes 5.5 以降および JAWS 7.0 以降
    aria-live=POLITENESS すべての要素 Fire Vox 2.7 以降 Fire Vox 2.7 以降 Fire Vox 2.7 以降
    アクセシビリティ API を通じて公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    aria-multiselectable="true" roles: grid, list, tree UIUC grid 未対応 未対応 検証データをテストする必要あり
    aria-owns すべての要素   無し 無し 無し
    aria-pressed="true" roles: button UIUC button 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり Orca 2.20 以降
    aria-posinset=POSITIVE_NUMBER (treeitem 上の場合、aria-setsize および aria-level と共に使用) すべての要素、特に option, listitem, treeitem 上で有用 模擬 radio buttons (名前空間付き/xhtml/FF2 のみ) 無し 無し Window-Eyes 5.5 以降および JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降において、option および listitem, treeitem のみ動作
    aria-readonly="true" roles: checkbox, columnheader grid, gridcell, list, rowheader, spinbutton, textarea, textfield   Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    aria-relevant=RELEVANCE_LIST すべての要素 Fire Vox 2.7 以降 Fire Vox 2.7 以降 Fire Vox 2.7 以降
    アクセシビリティ API を通じて公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    role="[rolename]" すべての要素 上記の role 表をご覧ください 上記の role 表をご覧ください 上記の role 表をご覧ください 上記の role 表をご覧ください
    aria-required="true" すべての要素 Mozilla.org checkbox Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降 Window-Eyes 5.5 以降
    selected="true"
    selected="false" (選択可能だが、選択されていない)
    roles: columnheader, gridcell, listitem, option, rowheader UIUC grid 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり
    aria-setsize=POSITIVE_NUMBER (treeitem 上の場合、aria-setsize および aria-level と共に使用) すべての要素、特に option, listitem, treeitem 上で有用 模擬 radio buttons (名前空間付き/xhtml/FF2 のみ) 無し 無し Window-Eyes 5.5 以降および JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降において、option および listitem, treeitem のみ動作
    aria-sort=SORT_TYPE すべての要素   無し 無し アクセシビリティ API を通して公開されているが、一般的な目的の支援技術にはまだ使用されていない
    tabindex すべての HTML 要素   すべての支援技術、同様に IE 5 以降も対応 すべての支援技術、同様に IE 5 以降も対応 すべての支援技術、同様に IE 5 以降も対応
    valuenow="#"
    valuemin="#"
    valuemax="#"
    roles: progressbar, slider, spinbutton Mozilla.org 平坦な slider Mozilla.org グラフィカルな slider Mozilla.org plain progress bar Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降 Window-Eyes 5.5 以降、JAWS 7.0 以降、Orca 2.20 以降
    valuenow の設定なし (値が未確定) roles: progressbar   検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり 検証データをテストする必要あり

    Live regions

    一部のウェブページには、ユーザのアクションや現実世界のイベントによって更新することができる Live region(動的更新が可能な領域) があります。ユーザのアクションによる変更の例は、この wiki のオプションページです。現実世界のイベントによる変更の例には、チャット領域試合状況のライブ更新, 金融情報のライブ更新 があります。

    今のところ、スクリーンリーダの Live region のためのアクセシビリティには問題があります。スクリーンリーダがページ上のすべての変更を逐次読み上げてしまうと、ユーザにとって迷惑になります。もし、スクリーンリーダがそれらを読み上げなければ、ユーザは極めて重要な情報を失うことになります。

    解決策は ARIA を通して開発されており、ウェブページの作者がそこにある Live region が何かを指定し、また Live region についての追加の役立つ情報を指定することができます。これは、スクリーンリーダが何をいつ読み上げればよいかを決められるようにします。

    これらの ARIA プロパティには、aria-live および aria-atomic, aria-relevant, aria-controls, aria-labelledby, aria-describedby があります。現在のサポートは、標準仕様の執筆活動を前進させ、ウェブ開発者コミュニティに対して WAI-ARIA を採用する利点を実証し、またスクリーンリーダ開発者コミュニティがエンドユーザに WAI-ARIA の 動作を体験できることを示すため、Fire Vox スクリーン読み上げ拡張機能で開発されています。

    さらに詳しい情報:

    Firefox 3 の登場までに、Live region がスクリーンリーダのすべての目的に対応することは期待されていません。

    ARIA のための標準開発

    W3CWeb Accessibility Initiative の中身は Protocols and Formats Working Group (PFWG) です。このグループは、Dynamic Web Content Accessibility Work roadmap と呼ばれるものに大きく焦点を当てており、すべての重要な格差を埋める長期的な努力と同時に、基本的な role および properties を定義する短期間の努力をしています。

    Firefox の公開バグ

    完全な Firefox の ARIA バグ一覧 では、Firefox の ARIA 対応の進捗を追跡することができます。

    将来の ARIA

    追加の ARIA サポートは将来のリリースで計画されています。この作業は W3C PF グループの安定した標準から得ることに依存しています。これらの変更には、作者が既存の role を継承して新しい role を定義したり、動作を記述したり、要素間の関係を新たに指定したり、またブラウザと Web ページの間でのキーボード・アクセラレータの今日のような衝突を避けるセマンティック・アクセスキーのサポートが含まれます。

    ARIA IRC チャンネルとメーリングリスト

    WAI-ARIA について公共の場で討議するには #wai-aria チャンネル (irc.w3.org:6665) に参加してください。メンバーは内部ドラフト案を #pf で審議してください。

    公共の討議をするメーリングリストは wai-xtech です。wai-xtech に参加したい方は PFWG 議長 (wai-pf-call@w3.org) に購読希望のメールを出してください。

     

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Marsf, teoli
    最終更新者: teoli,