XMLHttpRequest.setRequestHeader() メソッドは、HTTP リクエストヘッダの値を設定します。 setRequestHeader() は、open() の後、かつ send() の前に呼び出さなくてはなりません。同じヘッダについてこのメソッドを何回か呼び出す場合、(複数の) 値が単一のリクエストヘッダにマージされます。

何の Accept ヘッダもこれを使って設定されていない場合には、send() が呼び出される際、*/* となっている Accept ヘッダがリクエストと一緒に送られます。

セキュリティ上の理由で、いくつかのヘッダは、ユーザエージェントによってしか制御できません。これらのヘッダは、  forbidden header names (禁止ヘッダ名) および forbidden response header names (禁止レスポンスヘッダ名) を含みます。

あなたのカスタムフィールドに関しては、クロスドメインにリクエストを送る際に、"not allowed by Access-Control-Allow-Headers in preflight response" という例外に遭遇することがあるかもしれません。この場合、サーバサイドであなたのレスポンスヘッダに "Access-Control-Allow-Headers" を設定する必要があります。

構文

XMLHttpRequest.setRequestHeader(header, value)

引数

header
値を設定すべきヘッダの名前。
value
そのヘッダの本体として設定すべき値。

仕様

仕様 状態 コメント
XMLHttpRequest
setRequestHeader() の定義
現行の標準 WHATWG living standard

ブラウザ互換性

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

Feature Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support 1 (有) ? 5[1]
7
(有) 1.2
Feature Android Chrome for Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
Basic support ? 1.0 (有) (有) ? ? ?

[1] この機能は ActiveXObject() により実装されました。Internet Explorer は、バージョン7から、標準の XMLHttpRequest を実装しています。

関連項目

XMLHttpRequest の利用

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: piyo-ko
最終更新者: piyo-ko,