XMLHttpRequest.abort() メソッドは、すでに送信された要求を中止します。要求が中止されたら、 readyStateXMLHttpRequest.UNSENT (0) に変化し、要求の status コードが0に設定されます。

構文

XMLHttpRequest.abort()

引数

なし。

返値

undefined

この例では、 MDN のホームページからコンテンツを読み込み始め、ある条件が発生したときに、 abort() を呼び出すことで転送を中止します。

var xhr = new XMLHttpRequest(),
    method = "GET",
    url = "https://developer.mozilla.org/";
xhr.open(method, url, true);

xhr.send();

if (OH_NOES_WE_NEED_TO_CANCEL_RIGHT_NOW_OR_ELSE) {
  xhr.abort();
}

仕様書

仕様書 状態 備考
XMLHttpRequest 現行の標準 WHATWG living standard

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 18Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE 完全対応 7
完全対応 7
完全対応 5
補足
補足 Implemented via ActiveXObject
Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 1.2WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,