Atomics.wait()

Atomics.wait() は静的なメソッドで、 Int32Array 中の指定された位置に指定された値が保存されているかどうかを検証し、検証できるまでスリープ、もしくはタイムアウトします。返値は "ok", "not-equal", "timed-out" のいずれかです。

注: この操作は共有された Int32Array に対してのみ可能で、またメインスレッドでは実行できません。

構文

Atomics.wait(typedArray, index, value[, timeout])

引数

typedArray
共有された Int32Array
index
待つ対象となる typedArray の中の位置。
value
期待される値。
timeout 省略可
ミリ秒で表した待ち時間。時間が指定されなかった場合は Infinity

返値

String で、 "ok", "not-equal", or "timed-out" のいずれか。

例外

  • typedArray が共有された Int32Array でない場合、 TypeError が発生します。
  • indextypedArray の範囲を超えている場合は RangeError が発生します。

wait() の使用

次のような共有 Int32Array があったとします。

const sab = new SharedArrayBuffer(1024);
const int32 = new Int32Array(sab);

読み手のスレッドはスリープし、 0 番目の値が 0 であることを期待して待ちます。これが成立している間、処理は進みません。しかし、書き手のスレッドが新しい値を格納した場合、書き手のスレッドによって通知され、新しい値 (123) が返ります。

Atomics.wait(int32, 0, 0);
console.log(int32[0]); // 123

書き手のスレッドは新しい値を格納し、待っているスレッドに書き込みが完了したことを知らせます。

console.log(int32[0]); // 0;
Atomics.store(int32, 0, 123);
Atomics.notify(int32, 0, 1);

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Atomics.wait の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報