Atomics.exchange()

静的な Atomics.exchange() メソッドは、指定された値を配列内の指定した位置に格納し、その値を返します。これは不可分操作で、古い値を読み取ってから新しい値を書き込むまでの間に他の物が書き込まないことを保証します。

構文

Atomics.exchange(typedArray, index, value)

引数

typedArray
共有整数型付き配列です。 Int8Array, Uint8Array, Int16Array, Uint16Array, Int32Array, Uint32Array の何れかです。
index
typedArrayvalue と交換する位置です。
value
交換する数値です。

返値

指定された位置にあった古い値です (typedArray[index])。

例外

  • typedArray が許可された整数型の何れでもない場合、TypeError が発生します。
  • typedArray が共有型付き配列型ではない場合、 TypeError が発生します。
  • indextypedArray の範囲を超えている場合、 RangeError が発生します。

exchange() の使用

const sab = new SharedArrayBuffer(1024);
const ta = new Uint8Array(sab);

Atomics.exchange(ta, 0, 12); // returns 0, the old value
Atomics.load(ta, 0); // 12

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Atomics.exchange の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報