これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

静的な Atomics.sub() メソッドは、配列内の所定の位置に指定された値を取り除いた上で、その位置にある古い値を返します。この atomic 操作は、修正された値が書き戻されるまで、ほかの書き込みが発生しないことを保証します。

構文

Atomics.sub(typedArray, index, value)

引数

typedArray
shared integer typed array。Int8ArrayUint8ArrayInt16ArrayUint16ArrayInt32ArrayUint32Array のいずれか。
index
取り除く valuetypedArray 内での位置。
value
取り除く数値。

戻り値

指定した位置(typedArray[index])の古い値。

例外

  • typedArray が整数型を受け入れないない場合、TypeError をスローする。
  • typedArray が shared typed array 型ではない場合、TypeError をスローする。
  • indextypedArray の境界から外れている場合、RangeError をスローする。

var sab = new SharedArrayBuffer(1024);
var ta = new Uint8Array(sab);
ta[0] = 48;

Atomics.sub(ta, 0, 12); // returns 48, the old value
Atomics.load(ta, 0); // 36

仕様

仕様 ステータス コメント
Unknown
Atomics.sub の定義
不明 初期定義。

ブラウザー実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート [2] 未サポート 46 (46) [1] 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 46.0 (46) [1] 未サポート 未サポート 未サポート

[1] この機能は設定で無効化されています。about:config で javascript.options.shared_memorytrue に設定してください。

[2] 実装は開発中で次のランタイムフラグが必要です: --js-flags=--harmony-sharedarraybuffer --enable-blink-feature=SharedArrayBuffer

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,