Atomics.sub()

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

静的な Atomics.sub() メソッドは、配列内の所定の位置に指定された値を取り除いた上で、その位置にある古い値を返します。この atomic 操作は、修正された値が書き戻されるまで、ほかの書き込みが発生しないことを保証します。

構文

Atomics.sub(typedArray, index, value)

引数

typedArray
shared integer typed array。Int8ArrayUint8ArrayInt16ArrayUint16ArrayInt32ArrayUint32Array のいずれか。
index
取り除く valuetypedArray 内での位置。
value
取り除く数値。

戻り値

指定した位置(typedArray[index])の古い値。

例外

  • typedArray が整数型を受け入れないない場合、TypeError をスローする。
  • typedArray が shared typed array 型ではない場合、TypeError をスローする。
  • indextypedArray の境界から外れている場合、RangeError をスローする。

var sab = new SharedArrayBuffer(1024);
var ta = new Uint8Array(sab);
ta[0] = 48;

Atomics.sub(ta, 0, 12); // returns 48, the old value
Atomics.load(ta, 0); // 36

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript Shared Memory and Atomics
Atomics.sub の定義
ドラフト 初期定義。

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート [2] 未サポート 46 (46) [1] 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 46.0 (46) [1] 未サポート 未サポート 未サポート

[1] この機能は設定で無効化されています。about:config で javascript.options.shared_memorytrue に設定してください。

[2] 実装は開発中で次のランタイムフラグが必要です: --js-flags=--harmony-sharedarraybuffer --enable-blink-feature=SharedArrayBuffer

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,