Atomics.notify()

静的メソッドである Atomics.notify() は、待ち行列で休眠状態にあるエージェントに通知します。

メモ: この操作は共有された Int32Array に対してのみ動作します。 共有されていない ArrayBuffer オブジェクトでは 0 を返します。

構文

Atomics.notify(typedArray, index, count)

引数

typedArray

共有された Int32Array

index

起動する対象となる typedArray 中の位置。

count 省略可

通知する休眠状態のエージェントの数。既定値は +Infinity です。

返値

  • 起動したエージェントの数を返します。
  • 共有されていない ArrayBuffer オブジェクトが使用された場合は、 0

を返します。

例外

  • typedArray が許可された整数型の何れでもない場合、TypeError が発生します。
  • indextypedArray の範囲を超えている場合、 RangeError が発生します。

notify の使用

共有された Int32Array を用意します。

const sab = new SharedArrayBuffer(1024);
const int32 = new Int32Array(sab);

読み手のスレッドは、0 番目の値が 0 であることを期待して休眠状態になります。それが満たされている間は処理が進みません。しかし、書き手のスレッドが新しい値を格納した場合、読み手のスレッドは書き手のスレッドによって起動され、新しい値 (123) を取得します。

Atomics.wait(int32, 0, 0);
console.log(int32[0]); // 123

書き手のスレッドは新しい値を格納し、待機中のスレッドに通知を行います。

console.log(int32[0]); // 0;
Atomics.store(int32, 0, 123);
Atomics.notify(int32, 0, 1);

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-atomics.notify

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報