HTTP では、リソースに対して実行したいアクションを示す一連のリクエストメソッドを定義しています。リクエストメソッドには名詞も存在しますが、 HTTP 動詞と言われることがあります。それぞれのメソッドがさまざまな意味を持っていますが、いくつかの共通的な機能が、メソッドのグループで共有されています。例えば、リクエストメソッドは安全べき等キャッシュ可能であることがあります。

GET
GET メソッドは、指定したリソースの表現をリクエストします。 GET を使用するリクエストは、データの取り込みに限ります。
HEAD
HEAD メソッドは GET リクエストと同じレスポンスを求めますが、レスポンス本文はありません。
POST
POST は指定したリソースに実体を送信するために使用するメソッドであり、サーバー上の状態を変更したり、副作用が発生したりすることがよくあります。
PUT
PUT メソッドは対象リソースの現在の表現の全体を、リクエストのペイロードで置き換えます。
DELETE
DELETE メソッドは、指定したリソースを削除します。
CONNECT
CONNECT メソッドは、対象リソースで識別されるサーバーとの間にトンネルを確立します。
OPTIONS
OPTIONS メソッドは、対象リソースの通信オプションを示すために使用します。
TRACE
TRACE メソッドは、対象リソースへのパスに沿ってメッセージのループバックテストを実行します。
PATCH
PATCH メソッドは、リソースを部分的に変更するために使用します。

仕様書

仕様書 題名 備考
RFC 7231, セクション 4: Request methods Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content GET, HEAD, POST, PUT, DELETE, CONNECT, OPTIONS, TRACE を定義。
RFC 5789, セクション 2: Patch method PATCH Method for HTTP PATCH を定義。

ブラウザーの対応

No compatibility data found. Please contribute data for "http/methods" (depth: 1) to the MDN compatibility data repository.

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, dlwe, yyss
最終更新者: mfuji09,