ウェブワーカーが使用できる関数やクラス

標準的な JavaScript の関数群(StringArrayObjectJSON など)に加えて、DOM からワーカーに利用できる様々な関数があります。この記事ではそれらの機能のリストを提供します。

ワーカーのコンテキストと関数

ワーカーは、現在のウィンドウとは異なるグローバルコンテキストで実行されます。 Window はワーカーでは直接使用することができませんが、共通のミックスイン (WindowOrWorkerGlobalScope) で定義されている同じメソッドの多くが利用でき、 WorkerGlobalScope から派生した以下のようなコンテキストからワーカーが利用できます。

すべてのワーカーとメインスレッドで共通の関数には(WindowOrWorkerGlobalScope にあるもの)には、 atob(), btoa(), clearInterval(), clearTimeout(), dump() Non-standard , setInterval(), setTimeout() などがあります。

以下の機能は、ワーカーでのみ使用することができます。

ワーカーで使用できる API

メモ: 掲載されている API に特定のバージョンのプラットフォームが対応している場合、一般にウェブワーカーで動作するとみなすことができます。

以下の Web API はワーカーで利用することができます。 Broadcast Channel API, Cache API, Channel Messaging API, Console API, Crypto, CustomEvent, DOMRequestDOMCursor, Fetch, FileReader, FileReaderSync (only works in workers!), FormData, ImageData, IndexedDB, ネットワーク情報 API, 通知, Performance, PerformanceEntry, PerformanceMeasure, PerformanceMark, PerformanceObserver, PerformanceResourceTiming, Promise, サーバー送信イベント, ServiceWorkerRegistration, TextEncoderTextDecoder, URL, WebGLOffscreenCanvas, WebSocket, XMLHttpRequest (ただし responseXML および channel 属性は常に null)。

ワーカーは他のワーカーを起動することもできるため、 Worker, WorkerGlobalScope, WorkerLocation, WorkerNavigator (en-US) の各 API も利用することができます。

関連情報