RandomSource は、暗号的に安全な乱数値のソースを表します。これは、グローバルオブジェクトの Crypto オブジェクトを通して利用可能です。ウェブページ上では Window.crypto、Worker 内では WorkerGlobalScope.crypto が利用できます。

RandomSource は、インターフェイスでも、作成できるこの種類のオブジェクトでもありません。

プロパティ

RandomSource はどのプロパティも定義または継承しません。

メソッド

RandomSource.getRandomValues()
渡された ArrayBufferView を意味不明の乱数値で埋めます。

仕様

仕様書 策定状況 備考
Web Cryptography API 勧告 初期定義

ブラウザーの実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 11.0 WebKit bug 22049 (有) 21 (21) [1] 11.0 15.0 3.1
機能 Android Chrome for Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 23 (有) 21.0 (21) 未サポート 未サポート 6

[1] RandomSource は Firefox 26 からのみ利用可能ですが、機能は Firefox 21 から利用可能でした。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf
 最終更新者: Marsf,