PushEvent

PushEventプッシュ API のインターフェイスで、受け取ったプッシュメッセージを表します。このイベントは、ServiceWorkerグローバルスコープに送信されます。これは、アプリケーションサーバーから PushSubscription に送信された情報を含みます。

Event ExtendableEvent PushEvent

コンストラクター

PushEvent()

新しい PushEvent オブジェクトを生成します。

インスタンスプロパティ

親である ExtendableEvent からプロパティを継承しています。追加プロパティ:

PushEvent.data 読取専用

PushSubscription に送信されたデータを含む PushMessageData オブジェクトへの参照を返します。

インスタンスメソッド

親である ExtendableEvent からメソッドを継承しています。

次の例は、PushEvent からデータを取得して、すべてのサービスワーカークライアントで表示しています。

js
self.addEventListener("push", (event) => {
  if (!(self.Notification && self.Notification.permission === "granted")) {
    return;
  }

  const data = event.data?.json() ?? {};
  const title = data.title || "Something Has Happened";
  const message =
    data.message || "Here's something you might want to check out.";
  const icon = "images/new-notification.png";

  const notification = new self.Notification(title, {
    body: message,
    tag: "simple-push-demo-notification",
    icon,
  });

  notification.addEventListener("click", () => {
    clients.openWindow(
      "https://example.blog.com/2015/03/04/something-new.html",
    );
  });
});

仕様書

Specification
Push API
# pushevent-interface

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連項目