PushEvent.PushEvent()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

PushEvent() コンストラクタは、新しい PushEvent オブジェクトを生成します。このコンストラクタは、service worker にのみ公開されていることに注意してください。

構文

var myPushEvent = new PushEvent(type, eventInitDict);

パラメーター

type
PushEvent の型を定義する DOMStringpushpushsubscriptionchange を設定可能。
eventInitDict Optional
PushEvent オブジェクトに設定するいずれかの初期データを含むオプションオブジェクト。オプションは次のとおり:
  • dataPushEvent に含ませる何らかのデータ。コンストラクタが呼び出された際、結果オブジェクトの PushEvent.data プロパティは、eventInitDict データメンバーから抽出されたバイトを含む新しい PushMessageData オブジェクトを設定する。

var dataInit = {
                data : 'Some sample text'
              }

var myPushEvent = new PushEvent('push', dataInit);

myPushEvent.data.text(); // 'Some sample text' を返す

 

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
PushEvent の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 44.0 (44.0)[1][2] 未サポート ? 未サポート
data プロパティ 未サポート 44.0 (44.0)[2] 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[3] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0
data プロパティ 未サポート 未サポート 48.0 (48)[3] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート
  • [1] 現在、Nightly/Developer エディション/Beta で既定で使用できますが、リリースチャネルでは使用できません。(バグ 1208560。)
  • [2] Push(と Service Workers) は、Firefox 45 延長サポート版(ESR)では使用できません。
  • [3] Firefox for Android 48 から、既定で Push を使用できます。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,