PushEvent.PushEvent()

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。各ブラウザで用いるために、適切なベンダー接頭辞が必要な場合があります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

PushEvent() コンストラクタは、新しい PushEvent オブジェクトを生成します。このコンストラクタは、service worker にのみ公開されていることに注意してください。

構文

var myPushEvent = new PushEvent(type, eventInitDict);

パラメーター

type
PushEvent の型を定義する DOMStringpushpushsubscriptionchange を設定可能。
eventInitDict Optional
PushEvent オブジェクトに設定するいずれかの初期データを含むオプションオブジェクト。オプションは次のとおり:
  • dataPushEvent に含ませる何らかのデータ。コンストラクタが呼び出された際、結果オブジェクトの PushEvent.data プロパティは、eventInitDict データメンバーから抽出されたバイトを含む新しい PushMessageData オブジェクトを設定する。

var dataInit = {
                data : 'Some sample text'
              }

var myPushEvent = new PushEvent('push', dataInit);

myPushEvent.data.text(); // 'Some sample text' を返す

 

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
PushEvent の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 44.0 (44.0)[1][2] 未サポート ? 未サポート
data プロパティ 未サポート 44.0 (44.0)[2] 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[3] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0
data プロパティ 未サポート 未サポート 48.0 (48)[3] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート
  • [1] 現在、Nightly/Developer エディション/Beta で既定で使用できますが、リリースチャネルでは使用できません。(バグ 1208560。)
  • [2] Push(と Service Workers) は、Firefox 45 延長サポート版(ESR)では使用できません。
  • [3] Firefox for Android 48 から、既定で Push を使用できます。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: YuichiNukiyama,