これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Push APIPushManager インターフェースは、3rd パーティーのサーバーからの通知だけではなく、プッシュ通知へのリクエスト URL を取得するための方法を提供します。

このインターフェースは、ServiceWorkerRegistration.pushManager プロパティを経由してアクセスできます。

ノート:このインターフェースは、廃止された PushRegistrationManagerで以前に提案されていた機能をリプレースしています。

プロパティ

PushManager.supportedContentEncodings
プッシュメッセージのペイロードの暗号化でサポートされているコンテンツエンコーディングの配列を返します。

メソッド

PushManager.getSubscription()
既存のプッシュサブスクリプションを受け取ります。これは既存のプッシュサブスクリプションの詳細を含む PushSubscription を解決する Promise を返します。既存のプッシュサブスクリプションが存在しない場合、null 値で解決されます。
PushManager.permissionState()
現在の PushSubscription の許可状況で解決される Promise を返します。許可状況は 'granted''denied''prompt' のいずれかです。
PushManager.subscribe()
プッシュサービスを提供します。プッシュサブスクリプションの詳細を含む PushSubscription オブジェクトで解決される Promise を返します。現在の service worker に既存のサブスクリプションがない場合、新しいプッシュサブスクリプションが生成されます。

非推奨のメソッド

PushManager.hasPermission()
リクエストしている Web アプリのPushPermissionStatus で解決される Promise を返します。この値は granteddenieddefault のいずれかです。PushManager.permissionState() で置き換えられました。
PushManager.register()
プッシュサービスを提供します。 PushManager.subscribe() で置き換えられました。
PushManager.registrations()
既存のプッシュサブスクリプションを受け取ります。PushManager.getSubscription() で置き換えられました。
PushManager.unregister()
指定のサブスクリプションエンドポイントを解除して削除します。API のアップデートで、サブスクリプションは、PushSubscription.unsubscribe() メソッドを呼び出して解除することになりました。

this.onpush = function(event) {
  console.log(event.data);
  // ここから、IndexedDB にデータを書き込んだり、いずれかのウィンドウに
  // それを送信したり、通知を表示したりできます。
}

navigator.serviceWorker.register('serviceworker.js').then(
  function(serviceWorkerRegistration) {
    serviceWorkerRegistration.pushManager.subscribe().then(
      function(pushSubscription) {
        console.log(pushSubscription.subscriptionId);
        console.log(pushSubscription.endpoint);
        // ここから、IndexedDB にデータを書き込んだり、いずれかのウィンドウに
        // それを送信したり、通知を表示したりできます。
      }, function(error) {
        // 開発中は、コンソールにエラーを表示するのに役立ちます。
        // 本番環境では、アプリケーションサーバにエラー情報を送信
        // するためにも 役立ちます。
        console.log(error);
      }
    );
  });

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
PushManager の定義
草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応42

161

17

442 なし29 なし
supportedContentEncodings60

161

17

442 なし47 なし
getSubscription42

161

17

442 なし29 なし
permissionState42

161

17

442 なし29 なし
subscribe424

161

17

442 なし29 なし
hasPermission42

161

17

442 なし29 なし
register42

161

17

442 なし29 なし
registrations42

161

17

442 なし29 なし
unregister42

161

17

442 なし29 なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 なし42 あり48329 なし4.0
supportedContentEncodings なし60 あり48347 なし4.0
getSubscription なし42 あり48329 なし4.0
permissionState なし42 あり48329 なし4.0
subscribe なし42 あり48329 なし4.0
hasPermission なし42 あり48329 なし4.0
register なし42 あり48329 なし4.0
registrations なし42 あり48329 なし4.0
unregister なし42 あり48329 なし4.0

1. From version 16: this feature is behind the Enable service workers preference.

2. Service workers (and Push) have been disabled in the Firefox 45 and 52 Extended Support Releases (ESR.)

3. Push enabled by default.

4. The options parameter with a applicationServerKey value is required.

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Potappo, YuichiNukiyama, chrisdavidmills
最終更新者: Potappo,