PushSubscription

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

Push APIPushSubscription インターフェースは、サブスクリプションの URL エンドポイントを提供するとともに、プッシュサービスの登録を解除できます。

このインターフェースのインスタンスはシリアライズできます。

プロパティ

PushSubscription.endpoint 読取専用
プッシュサービスに関連したエンドポイントを含む USVString
PushSubscription.subscriptionId 読取専用
プッシュサービスに関連したサブスクリプション ID を含む DOMString

メソッド

PushSubscription.getKey()
サーバに送信されてプッシュメッセージの暗号化に使用される、クライアントのパブリックキーを含む ArrayBuffer を返す。
PushSubscription.toJSON()
標準シリアライザー — サブスクリプションプロパティの JSON 記法を返す。
PushSubscription.unsubscribe()
プッシュサービスの登録を解除する非同期プロセスを開始する。現在のサブスクリプションが成功裏に登録解除できた場合、Boolean で解決される Promise を返す。

navigator.serviceWorker.ready.then(function(reg) {
  reg.pushManager.getSubscription().then(function(subscription) {
    subscription.unsubscribe().then(function(successful) {
      // 成功裏に登録解除。
    }).catch(function(e) {
      // 登録解除失敗。
    })
  })        
});

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
PushSubscription の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 44.0 (44.0)[1] 未サポート ? 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[2] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama, chrisdavidmills
 最終更新者: YuichiNukiyama,