PushSubscription

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

Push APIPushSubscription インターフェースは、サブスクリプションの URL エンドポイントを提供するとともに、プッシュサービスの登録を解除できます。

このインターフェースのインスタンスはシリアライズできます。

プロパティ

PushSubscription.endpoint 読取専用
プッシュサービスに関連したエンドポイントを含む USVString
PushSubscription.expirationTime (en-US) 読取専用
プッシュサブスクリプションに関連付いたサブスクリプション期限切れ時間を表す DOMHighResTimeStamp 。存在しない場合は null。
PushSubscription.options (en-US) 読取専用
サブスクリプションを作成するために用いられるオプションを含むオブジェクト。
PushSubscription.subscriptionId (en-US) 読取専用
プッシュサービスに関連したサブスクリプション ID を含む DOMString

メソッド

PushSubscription.getKey()
サーバーに送信されてプッシュメッセージの暗号化に使用される、クライアントのパブリックキーを含む ArrayBuffer (en-US) を返します。
PushSubscription.toJSON()
標準シリアライザー — サブスクリプションプロパティの JSON 記法を返します。
PushSubscription.unsubscribe()
プッシュサービスの登録を解除する非同期プロセスを開始します。現在のサブスクリプションが成功裏に登録解除できた場合、Boolean で解決される Promise を返します。

navigator.serviceWorker.ready.then(function(reg) {
  reg.pushManager.getSubscription().then(function(subscription) {
    subscription.unsubscribe().then(function(successful) {
      // 成功裏に登録解除。
    }).catch(function(e) {
      // 登録解除失敗。
    })
  })
});

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
PushSubscription の定義
草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目