PushEvent.data

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

PushEvent インターフェースの data 読み取り専用プロパティは、PushSubscription に送信されてたデータを含む PushMessageData オブジェクトへの参照を返します。

構文

var myPushData = PushEvent.data;

PushMessageData オブジェクト

次の例は、 PushEvent からデータを取得して、すべての service worker クライアントで表示しています。

self.addEventListener('push', function(event) {
  if (!(self.Notification && self.notification.permission === 'granted')) {
    return;
  }

  var data = {};
  if (event.data) {
    data = event.data.json();
  }
  var title = data.title || "Something Has Happened";
  var message = data.message || "Here's something you might want to check out.";
  var icon = "images/new-notification.png";

  var notification = new Notification(title, {
    body: message,
    tag: 'simple-push-demo-notification',
    icon: icon
  });

  notification.addEventListener('click', function() {
    if (clients.openWindow) {
      clients.openWindow('https://example.blog.com/2015/03/04/something-new.html');
    }
  };
});

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
data の定義
草案 初期定義

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目