VREyeParameters

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

VREyeParametersWebVR API のインターフェイスで、指定した目のためにシーンを正しくレンダリングするためのすべての情報(視界の情報を含む)を表します。

メモ: このインターフェイスは古い WebVR API の一部でした。これは WebXR 機器 API に置き換えられました。

このインターフェイスは VRDisplay.getEyeParameters() メソッドを通じてアクセスできます。

警告: このインターフェイスは、ビューおよび投影行列を計算するために使用すべきではありません。ハードウェアの互換性を可能な限り確保するために、VRFrameData で指定された行列を使用してください。

インスタンスプロパティ

VREyeParameters.offset Deprecated 読取専用 Non-standard

ユーザーの目と目の間の中心点から目の中心までのオフセットを、メートル単位で表します。

VREyeParameters.fieldOfView Deprecated 読取専用 Non-standard

ユーザーの瞳孔間距離 (IPD) の調整により変化する、目の現在の視野角を記述します。

VREyeParameters.renderWidth Deprecated 読取専用 Non-standard

それぞれの目のビューポートの推奨レンダーターゲットの幅をピクセル単位で記述します。

VREyeParameters.renderHeight Deprecated 読取専用 Non-standard

それぞれの目のビューポートの推奨レンダーターゲットの高さをピクセル単位で記述します。

navigator.getVRDisplays().then((displays) => {
  // If a display is available, use it to present the scene
  vrDisplay = displays[0];
  console.log('Display found');
  // Starting the presentation when the button is clicked:
  //   It can only be called in response to a user gesture
  btn.addEventListener('click', () => {
    vrDisplay.requestPresent([{ source: canvas }]).then(() => {
      console.log('Presenting to WebVR display');

      // Set the canvas size to the size of the vrDisplay viewport

      const leftEye = vrDisplay.getEyeParameters('left');
      const rightEye = vrDisplay.getEyeParameters('right');

      canvas.width = Math.max(leftEye.renderWidth, rightEye.renderWidth) * 2;
      canvas.height = Math.max(leftEye.renderHeight, rightEye.renderHeight);

      drawVRScene();
    });
  });
});

仕様書

このインターフェイスは古い WebVR API の一部であり、これは WebXR 機器 API で置き枯れられました。標準規格になる見込みはありません。

すべてのブラウザーが新しい WebXR API を実装するまで、 A-FrameBabylon.jsThree.js などのフレームワークを使用するか、ポリフィルを使用することが、すべてのブラウザーで動作する WebXR アプリを開発する上で推奨されます。[1]

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報