VRDisplayCapabilities

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

VRDisplayCapabilitiesWebVR API のインターフェイスで、 VRDisplay の利用可能な機能を示しています。この機能は,例えば位置情報を返すことが可能か、といった VR 機器の動作可能テストに使うことができます。

メモ: このインターフェイスは古い WebVR API の一部でした。これは WebXR 機器 API に置き換えられました。

このインターフェイスには VRDisplay.capabilities プロパティを通じてアクセスできます.

プロパティ

VRDisplayCapabilities.canPresent 非推奨 読取専用 Non-standard

論理値で、VR ディスプレイが(例えば HMD を通じて)コンテンツを表示可能かどうかの状態を返します。

VRDisplayCapabilities.hasExternalDisplay 非推奨 読取専用 Non-standard

論理値で、VR ディスプレイが端末の主ディスプレイから分離されているかどうかを返します。

VRDisplayCapabilities.hasOrientation 非推奨 読取専用 Non-standard

論理値で、VR ディスプレイがトラッキング可能で向き情報を返すことができるかを返します。

VRDisplayCapabilities.hasPosition 非推奨 読取専用 Non-standard

論理値で、VR ディスプレイがトラッキング可能で位置情報を返すことができるかどうかを返します。

VRDisplayCapabilities.maxLayers 非推奨 読取専用 Non-standard

数値で、VR ディスプレイが同時に表示できる VRLayerInit の最大値を示す値を返します(例えば VRDisplay.requestPresent() が受け取ることのできる配列の最大長です。)

js

function reportDisplays() {
  navigator.getVRDisplays().then((displays) => {
    displays.forEach((display, i) => {
      const cap = display.capabilities;
      // cap is a VRDisplayCapabilities object
      const listItem = document.createElement("li");
      listItem.innerHTML =
        `<strong>Display ${i + 1}</strong><br>` +
        `VR Display ID: ${display.displayId}<br>` +
        `VR Display Name: ${display.displayName}<br>` +
        `Display can present content: ${cap.canPresent}<br>` +
        `Display is separate from the computer's main display: ${cap.hasExternalDisplay}<br>` +
        `Display can return position info: ${cap.hasPosition}<br>` +
        `Display can return orientation info: ${cap.hasOrientation}<br>` +
        `Display max layers: ${cap.maxLayers}`;
      list.appendChild(listItem);
    });
  });
}

仕様書

このインターフェイスは古い WebVR API の一部であり、これは WebXR 機器 API で置き枯れられました。標準規格になる見込みはありません。

すべてのブラウザーが新しい WebXR API を実装するまで、 A-FrameBabylon.jsThree.js などのフレームワークを使用するか、ポリフィルを使用することが、すべてのブラウザーで動作する WebXR アプリを開発する上で推奨されます。[1]

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報