VRDisplayCapabilities

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

WebVR API の VRDisplayCapabilities インターフェイスは VRDisplay の利用可能な機能を示しています — この機能は,例えば位置情報を返すことが可能か,といったVRデバイスの動作可能テストに使うことができます.

このインターフェイスには VRDisplay.capabilities プロパティを通じてアクセスできます.

プロパティ

VRDisplayCapabilities.canPresent 読取専用
VRディスプレイが(HMDを通じて)コンテンツを表示(present)可能かどうかの状態を Boolean で返します.
VRDisplayCapabilities.hasExternalDisplay 読取専用
デバイスのプライマリディスプレイから分離したVRディスプレイかどうかを示す  Boolean を返します.
VRDisplayCapabilities.hasOrientation これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 読取専用
VRディスプレイがトラッキング可能で向き情報を返すことができるかを示す Boolean を返します.
VRDisplayCapabilities.hasPosition 読取専用
VRディスプレイがトラッキング可能で位置情報を返すことができるかどうかを示す Boolean を返します.
VRDisplayCapabilities.maxLayers 読取専用
VRディスプレイが同時に表示できる VRLayer の最大値を示す数値を返します (例えば  VRDisplay.requestPresent() が受け取ることのできる配列の最大長です.)

function reportDisplays() {
  navigator.getVRDisplays().then(function(displays) {
    for(var i = 0; i < displays.length; i++) {
      var cap = displays[i].capabilities;
      // cap is a VRDisplayCapabilities object
      var listItem = document.createElement('li');
      listItem.innerHTML = '<strong>Display ' + (i+1) + '</strong>'
                   + '<br>VR Display ID: ' + displays[i].displayId
                   + '<br>VR Display Name: ' + displays[i].displayName
                   + '<br>Display can present content: ' + cap.canPresent
                   + '<br>Display is separate from the computer\'s main display: ' + cap.hasExternalDisplay
                   + '<br>Display can return position info: ' + cap.hasPosition
                   + '<br>Display can return orientation info: ' + cap.hasOrientation
                   + '<br>Display max layers: ' + cap.maxLayers;
      list.appendChild(listItem);
    }
  });
}

仕様

Specification Status Comment
WebVR 1.1
VRDisplayCapabilities の定義
ドラフト Initial definition

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

参照