MediaTrackSupportedConstraints.frameRate

 

MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのframeRateプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentframeRateの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。

frameRate制約は、新しいビデオトラックのフレームレートの許容できる上限と下限、あるいは正確なフレームレートを表すのに用いられます。このプロパティの値を確認することで、フレームレートでのビデオトラック設定の制約をユーザーエージェントが対応しているかを特定することができます。どのように使われるかはexampleを見てください。

文法

frameRateConstraintSupported = supportedConstraintsDictionary["frameRate"];

ユーザーエージェントがframeRateの制約をサポートする場合、このプロパティはディクショナリーに存在します。このプロパティが存在しない場合は、ユーザーエージェントは、ビデオトラックのフレームレートを制限することができません。

このプロパティが存在する場合は、常にtrueになります。

この簡単な例では、ビデオの要求時でのフレームレートの制約をブラウザがサポートしているかどうかを確認するものです。

JavaScript

let result = document.getElementById("result");

if (navigator.mediaDevices.getSupportedConstraints()["frameRate"]) {
    result.innerHTML = "Supported!";
} else {
    result.innerHTML = "Not supported!";
}

HTML

<div id="result">
</div>

CSS

#result {
  font: 14px "Arial", sans-serif;
}

結果

利用中のブラウザがframeRateの制約をサポートしているかどうかは次の通りです。

この例はとても簡単なので、"Supported"と"Not supported"の単純な出力を、視聴覚情報を表現するための別の方法に置き換えることができます。

仕様

仕様 状況 コメント
Media Capture and Streams
frameRate の定義
勧告候補 初版

ブラウザ互換性

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
Basic support (有) 50 (50) 未サポート (有) ?
Feature Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support ? (有) 50.0 (50) 未サポート ? ? (有)

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: e53e04ac
最終更新者: e53e04ac,