MediaTrackSupportedConstraints.autoGainControl

MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのautoGainControlプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentautoGainControlの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。

サポートされている制約のディクショナリーはnavigator.mediaDevices.getSupportedConstraints()を呼び出すことで取得できます。

autoGainControlの制約は、ブラウザが、メディアトラックの(ボリューム)ゲインを自動的に制御する機能を提供するかどうかを示します。当然ながら、これは個々のデバイスが自動ゲイン制御をサポートしているかに依存します。一般的に、この機能はマイクが提供します。

文法

autoGainSupported = supportedConstraintsDictionary["autoGainControl"];

ユーザエージェントautoGainControlの制約をサポートしている場合、このプロパティはディクショナリーの中に含まれ、その値は常にtrueの値です。このプロパティが存在しない場合は、サポートされている制約ディクショナリーには存在しないため、undefinedの値を取ることになります。

この例では、単純に、あなたのブラウザがautoGainControlの制約をサポートしているかどうかを表示するものです。

let result = document.getElementById("result");

if (navigator.mediaDevices.getSupportedConstraints()["autoGainControl"]) {
    result.innerHTML = "Supported!";
} else {
    result.innerHTML = "Not supported!";
}

結果

仕様

仕様 状態 コメント
Media Capture and Streams
autoGainControl の定義
勧告候補 初版

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser

関連項目