MediaTrackSupportedConstraints.facingMode

MediaTrackSupportedConstraints 辞書の facingMode プロパティは読み取り専用のブール値で、ユーザーエージェントfacingMode の制約に対応している場合にのみ、 MediaDevices.getSupportedConstraints() が返すオブジェクトに存在します (そして true に設定されます)。制約がサポートされていない場合はリストに含まれないので、この値は決して false にはなりません。

対応している制約の辞書にアクセスするには navigator.mediaDevices.getSupportedConstraints()を呼び出してください。

構文

facingModeConstraintSupported = supportedConstraintsDictionary.facingMode;

このプロパティは、ユーザーエージェントが facingMode 制約に対応している場合、辞書に存在します (そして、その値は常に true です)。このプロパティが存在しない場合、このプロパティは対応している制約ディクショナリから欠落しており、その値を見ようとすると undefined になります。

let result = document.getElementById("result");

if (navigator.mediaDevices.getSupportedConstraints().facingMode) {
    result.innerHTML = "Supported!";
} else {
    result.innerHTML = "Not supported!";
}

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
Media Capture and Streams
facingMode の定義
勧告候補 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報