MediaTrackSupportedConstraints

MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリは、MediaStreamTrackオブジェクトを実装しているuser agentやブラウザによって理解できる制約可能なプロパティの一覧を表します。MediaDevices.getSupportedConstraints()によって、MediaTrackSupportedConstraintsに適合するオブジェクトが戻り値として返されます。

WebIDLでのインタフェース定義の手順で動作するため、制約は受け付けられたがサポートしていない場合エラーは発生しません。代わりに、指定された制約は解釈できなかった制約を除いて適用されるでしょう。これは混乱を招きエラーのデバッグを困難にするので、制約が暗黙的に無視されたのか制約が受け付けられたのかを知りたい場合は、getSupportedConstraints()を用いて、制約の確立を試みる前にこの情報を取得してください。

実際の制約セットはMediaTrackConstraintsディクショナリをベースにしたオブジェクトで表現されます。

制約がどのように動作するかについての詳細を知りたい場合は、Capabilities, constraints, and settingsを読んでください。

プロパティ

オブジェクトは以下のプロパティの組み合わせであり、必ずしも全てのプロパティが含まれるわけではありません。

autoGainControl
実行環境でautoGainControl制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
width
実行環境でwidth制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
height
実行環境でheight制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
aspectRatio
実行環境でaspectRatio制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
frameRate
実行環境でframeRate制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
facingMode
実行環境でfacingMode制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
volume
実行環境でvolume制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
sampleRate
実行環境でsampleRate制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
sampleSize
実行環境でsampleSize制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
echoCancellation
実行環境でechoCancellation制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
latency
実行環境でlatency 制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
noiseSuppression
実行環境でnoiseSuppression制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
channelCount
実行環境でchannelCount制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
deviceId
実行環境でdeviceId制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。
groupId
実行環境でgroupId制約がサポートされている場合は、Boolean型のtrueの値になります。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: e53e04ac
 最終更新者: e53e04ac,