FileReader: abort イベント

abort イベントは、読み込みが中断されたときに発生します。例えば、プログラムが FileReader.abort() を呼び出した場合などです。

このイベントはキャンセル不可で、バブリングしません。

構文

このイベント名を addEventListener() などのメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

addEventListener('abort', (event) => { });

onabort = (event) => { };

イベント型

ProgressEvent です。 Event から継承しています。

Event ProgressEvent

イベントプロパティ

親である Event からプロパティを継承しています。

ProgressEvent.lengthComputable 読取専用

論理値で、このプロセスで行われる作業の合計と、すでに行われた作業の量が計算可能かどうかを示す。言い換えれば、進捗が計測可能かどうかを示します。

ProgressEvent.loaded 読取専用

64 ビット符号なし整数値で、このプロセスで既に作業を行った量を示します。作業した比率は、total をこのプロパティの値で割ることで算出できます。 HTTP を使用してリソースをダウンロードする場合、これは HTTP メッセージの本文のみをカウントし、ヘッダーやその他のオーバーヘッドは含まれません。

ProgressEvent.total 読取専用

64 ビット符号なし整数で、基礎となるプロセスが実行中の作業の総量を表します。 HTTP を使用してリソースをダウンロードする場合、これは Content-Length (メッセージの本文のサイズ)であり、ヘッダーやその他のオーバーヘッドは含まれません。

ライブデモ

HTML

<div class="example">
  <div class="file-select">
    <label for="avatar">プロフィール画像を選択してください:</label>
    <input
      type="file"
      id="avatar"
      name="avatar"
      accept="image/png, image/jpeg" />
  </div>

  <img src="" class="preview" height="200" alt="Image preview" />

  <div class="event-log">
    <label for="eventLog">イベントログ:</label>
    <textarea readonly class="event-log-contents" id="eventLog"></textarea>
  </div>
</div>

JavaScript

const fileInput = document.querySelector('input[type="file"]');
const preview = document.querySelector('img.preview');
const eventLog = document.querySelector('.event-log-contents');
const reader = new FileReader();

function handleEvent(event) {
    eventLog.textContent += `${event.type}: ${event.loaded} bytes transferred\n`;

    if (event.type === "load") {
        preview.src = reader.result;
    }
}

function addListeners(reader) {
    reader.addEventListener('loadstart', handleEvent);
    reader.addEventListener('load', handleEvent);
    reader.addEventListener('loadend', handleEvent);
    reader.addEventListener('progress', handleEvent);
    reader.addEventListener('error', handleEvent);
    reader.addEventListener('abort', handleEvent);
}

function handleSelected(e) {
    eventLog.textContent = '';
    const selectedFile = fileInput.files[0];
    if (selectedFile) {
        addListeners(reader);
        reader.readAsDataURL(selectedFile);
    }
    reader.abort();
}

fileInput.addEventListener('change', handleSelected);

結果

仕様書

Specification
File API
# dfn-abort-event
File API
# dfn-onabort

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報