FileReader.readAsBinaryString()

readAsBinaryString メソッドは、 指定された Blob または File オブジェクトを読み込むために使用します。 読込処理が終了すると readyStateDONE に変わり、loadend イベントが生じます。それと同時に result プロパティには生のバイナリーデータを文字列で解釈したものが格納されます。

このメソッドは、ファイル API の仕様から一度削除されましたが、後方互換のために再導入されました。 FileReader.readAsArrayBuffer() の使用が推奨されています。

構文

readAsBinaryString(blob)

引数

blob

メソッドで読み込む Blob または File オブジェクトです。

返値

なし (undefined)。

const canvas = document.createElement('canvas');
const height = 200;
const width  = 200;

canvas.width  = width;
canvas.height = height;

const ctx = canvas.getContext('2d');

ctx.strokeStyle = '#090';
ctx.beginPath();
ctx.arc(width/2, height/2, width/2 - width/10, 0, Math.PI*2);
ctx.stroke();

canvas.toBlob((blob) => {
  const reader = new FileReader();

  reader.onload = () => {
    console.log(reader.result);
  }

  reader.readAsBinaryString(blob);
});

仕様書

Specification
File API
# readAsBinaryString

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報