AbortSignal: abort イベント

abortAbortSignal のイベントで、関連するリクエストが中止されたとき、つまり AbortController.abort() を使用して中止されたときに発行されます。

構文

このイベント名を addEventListener() などのメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

js
addEventListener('abort', (event) => { })

onabort = (event) => { }

イベント型

一般的な Event で、追加のプロパティはありません。

以下のスニペットでは、新しい AbortController オブジェクトを作成し、その AbortSignalsignal プロパティを使用して利用できます)を取得します。次に、イベントハンドラープロパティを使用して、シグナルが中止されたかどうかを調べます。

abort イベントを addEventListener メソッドで検出することができます。

js
const controller = new AbortController();
const signal = controller.signal;

signal.addEventListener("abort", () => {
  console.log("Request aborted");
});

または、 onabort イベントハンドラープロパティを使用してください。

js
const controller = new AbortController();
const signal = controller.signal;

signal.onabort = () => {
  console.log("Request aborted");
};

仕様書

Specification
DOM Standard
# eventdef-abortsignal-abort
DOM Standard
# abortsignal-onabort

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser