Screen.orientation

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

orientationScreen インターフェイスの読み取り専用プロパティで、現在の画面の向きを返します。

構文

var orientation = window.screen.orientation;

返値

画面の向きを表す ScreenOrientation (en-US) のインスタンスです。

なお、古い接頭辞付きのものは DOMStringScreenOrientation.type (en-US) と同等のものを返していました。

var orientation = screen.msOrientation || screen.mozOrientation || (screen.orientation || {}).type;

if (orientation === "landscape-primary") {
  console.log("良い感じですね。");
} else if (orientation === "landscape-secondary") {
  console.log("うーん…。画面が上下逆です!");
} else if (orientation === "portrait-secondary" || orientation === "portrait-primary") {
  console.log("うーん…。スクリーンを横向きにした方がいいですよ");
} else if (orientation === undefined) {
  console.log("このブラウザーは orientation API に対応していません :(");
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Screen Orientation API
orientation の定義
草案 初回定義

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報