この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

delete() メソッドは、Set オブジェクトから特定の要素を取り除きます。

構文

mySet.delete(value);

引数

value
Set オブジェクトから取り除く要素の値です。

戻り値

Set オブジェクト内の要素が正常に削除されたら、true を返します。さもなければ、false を返します。

delete メソッドを使う

var mySet = new Set();
mySet.add('foo');

mySet.delete('bar'); // Returns false. No "bar" element found to be deleted.
mySet.delete('foo'); // Returns true.  Successfully removed.

mySet.has('foo');    // Returns false. The "foo" element is no longer present.

Let's checkout below how to delete an Object from a Set.

var setObj = new Set(); // Create a New Set.

setObj.add({x: 10, y: 20}); // Add object in the set.

setObj.add({x: 20, y: 30}); // Add object in the set.

// Delete any point with `x > 10`.
setObj.forEach(function(point){
  if(point.x > 10){
    setObj.delete(point)
  }
})

仕様

仕様書 策定状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Set.prototype.delete の定義
標準 初期定義
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Set.prototype.delete の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
deleteChrome 完全対応 38Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 13IE 完全対応 11Opera 完全対応 25Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 38Chrome Android 完全対応 38Edge Mobile 完全対応 12Firefox Android 完全対応 14Opera Android 完全対応 25Safari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 0.12
完全対応 0.12
完全対応 0.10
無効
無効 From version 0.10: this feature is behind the --harmony runtime flag.

凡例

完全対応  
完全対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, segayuu, SphinxKnight, shide55
最終更新者: mdnwebdocs-bot,