Reflect.preventExtensions()

静的な Reflect.preventExtensions() メソッドは、すでにプロパティが追加されたオブジェクトに、新しいプロパティを抑制します (つまり、オブジェクトのさらなる拡張を抑制します)。 Object.preventExtensions() に似ていますが、違いがあります

構文

Reflect.preventExtensions(target)

引数

target
拡張を抑止する対象のオブジェクト。

返値

Boolean で、対象が拡張の抑止の設定に成功したかどうかを表します。

例外

TypeError: targetObject ではない場合

解説

Reflect.preventExtensions メソッドは、すでにプロパティが追加されたオブジェクトに、新しいプロパティを抑制します (つまり、オブジェクトのさらなる拡張を抑制します)。これは Object.preventExtensions() と同様のメソッドです。

Reflect.preventExtensions() の使用

Object.preventExtensions() も参照してください。

// オブジェクトは既定で拡張可能。
let empty = {}
Reflect.isExtensible(empty)  // === true

// ...しかし、変更できる。
Reflect.preventExtensions(empty)
Reflect.isExtensible(empty)  // === false

Object.preventExtensions() との違い

このメソッドへの最初の引数がオブジェクトではない (プリミティブである) 場合、 TypeError が発生します。 Object.preventExtensions() では、 target がオブジェクトではない場合はオブジェクトに強制的に変換されます。

Reflect.preventExtensions(1)
// TypeError: 1 is not an object

Object.preventExtensions(1)
// 1

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Reflect.preventExtensions の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報