Reflect.has()

試してみましょう

静的な Reflect.has() メソッドは、機能としては in 演算子のように動作します。

構文

Reflect.has(target, propertyKey)

引数

target
プロパティを探す対象のオブジェクト。
propertyKey
チェックするプロパティ名。

返値

対象がプロパティを持つかどうかを示す Boolean 値。

例外

targetObject でなかった場合、 TypeError が発生します。

解説

Reflect.has メソッドは、オブジェクトプロパティがあるかをチェックします。機能としては in 演算子のように動作します。

Reflect.has() の使用

Reflect.has({x: 0}, 'x')  // true
Reflect.has({x: 0}, 'y')  // false

// プロトタイプチェーンのプロパティがあるため、true が返る
Reflect.has({x: 0}, 'toString')

// Proxy with .has() handler method
obj = new Proxy({}, {
  has(t, k) { return k.startsWith('door')  }
});
Reflect.has(obj, 'doorbell')  // true
Reflect.has(obj, 'dormitory')  // false

Reflect.has は継承されたプロパティについて true を返し、これは in 演算子と同様です。

const a = {foo: 123}
const b = {__proto__: a}
const c = {__proto__: b}
// The prototype chain is: c -> b -> a
Reflect.has(c, 'foo') // true

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報