この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

静的な Reflect.deleteProperty()  メソッドは、プロパティを削除します。機能としては delete 演算子のようなものです。

構文

Reflect.deleteProperty(target, propertyKey)

パラメータ

target
プロパティを削除する対象のオブジェクト。
propertyKey
削除するプロパティ名。

戻り値

 成功裡にプロパティが削除されたかどうかを示す Boolean 値。

スローされるエラー

target が  Object ではなかった場合、TypeError がスローされる。

説明

Reflect.deleteProperty  メソッドは、プロパティを削除します。 これは成功裡にプロパティが削除されたかどうかを示す Boolean を返します。これは非厳密の delete 演算子とほぼ同じです。

Reflect.deleteProperty() を使用する

var obj = { x: 1, y: 2 };
Reflect.deleteProperty(obj, "x"); // true
obj; // { y: 2 }

var arr = [1, 2, 3, 4, 5];
Reflect.deleteProperty(arr, "3"); // true
arr; // [1, 2, 3, , 5]

// そのようなプロパティが存在しない場合、true を返す。
Reflect.deleteProperty({}, "foo"); // true

// プロパティが設定不可能な場合、false を返す。
Reflect.deleteProperty(Object.freeze({foo: 1}), "foo"); // false

仕様

仕様 状態 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Reflect.deleteProperty の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート 42 (42) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 42.0 (42) 未サポート 未サポート 未サポート

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: SphinxKnight, YuichiNukiyama
最終更新者: SphinxKnight,