Reflect.ownKeys()

静的な Reflect.ownKeys() メソッドは、 target オブジェクトが持つプロパティキーの配列を返します。

構文

Reflect.ownKeys(target)

引数

target
キーを取得する対象のオブジェクト

返値

target オブジェクトが持つプロパティキーの Array

例外

TypeError: targetObject ではない場合

解説

Reflect.ownKeys メソッドは、対象のオブジェクトが持つプロパティキーの配列を返します。この返値は、Object.getOwnPropertyNames(target).concat(Object.getOwnPropertySymbols(target)) と同じです。

Reflect.ownKeys() の使用

Reflect.ownKeys({z: 3, y: 2, x: 1})  // [ "z", "y", "x" ]
Reflect.ownKeys([])                  // ["length"]

let sym = Symbol.for('comet')
let sym2 = Symbol.for('meteor')
let obj = {[sym]: 0, 'str': 0, '773': 0, '0': 0,
           [sym2]: 0, '-1': 0, '8': 0, 'second str': 0}
Reflect.ownKeys(obj)
// [ "0", "8", "773", "str", "-1", "second str", Symbol(comet), Symbol(meteor) ]
// 数字順のインデックス、
// 挿入順の文字列、
// 挿入順のシンボル

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報