VRDisplay.requestPresent()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

VRDisplay インターフェイスの requestPresent() メソッドは,VRDisplay へのシーン表示を開始します.

シンタックス

vrDisplayInstance.requestPresent(layers).then(function() {
  // Do something after the presentation has begun
});

パラメータ

layers
表示したいシーンを表す VRLayer オブジェクトの配列.なお現時点では,指定できるのは最小0要素,最大1要素です.

戻り値

表示が開始されたかを解決するpromise.

注記: VRDisplayCapabilities.canPresent が false,あるいは VRLayer 配列数が VRDisplayCapabilities.maxLayers レイヤより多い場合, promiseはリジェクトされます.

注記:   requestPresent() を呼出した時にVRDisplay が表示中の場合,VRDisplay は表示する VRLayer 配列を更新します.VRDisplayが表示中で requestPresent() がリジェクトされたら,VRDisplay は表示を終了します.

TBD.

仕様

Specification Status Comment
Unknown
requestPresent() の定義
不明 Initial definition

ブラウザの互換性

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support (有) (有) 未サポート 未サポート 未サポート
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: rootx
最終更新者: rootx,