MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

VRDisplay.requestPresent()

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

VRDisplay インターフェイスの requestPresent() メソッドは,VRDisplay へのシーン表示を開始します.

シンタックス

vrDisplayInstance.requestPresent(layers).then(function() {
  // Do something after the presentation has begun
});

パラメータ

layers
表示したいシーンを表す VRLayer オブジェクトの配列.なお現時点では,指定できるのは最小0要素,最大1要素です.

戻り値

表示が開始されたかを解決するpromise.

注記: VRDisplayCapabilities.canPresent が false,あるいは VRLayer 配列数が VRDisplayCapabilities.maxLayers レイヤより多い場合, promiseはリジェクトされます.

注記:   requestPresent() を呼出した時にVRDisplay が表示中の場合,VRDisplay は表示する VRLayer 配列を更新します.VRDisplayが表示中で requestPresent() がリジェクトされたら,VRDisplay は表示を終了します.

TBD.

仕様

Specification Status Comment
WebVR
requestPresent() の定義
勧告改訂案 Initial definition

ブラウザの互換性

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support (有) (有) 未サポート 未サポート 未サポート
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: rootx
 最終更新者: rootx,