VRDisplay.isConnected

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

isConnectedVRDisplay インターフェイスの読み取り専用プロパティで、この VRDisplay がコンピューターに接続されているかどうかを示す論理値を返します。

Note: このプロパティは、古い WebVR API の一部でした。 WebXR Device APIに置き換えられました。

論理値です。 true の場合はディスプレイが接続されていることを意味します。 false はそうでないことを意味します。

navigator.getVRDisplays().then(function(displays) {
  // ディスプレイがある場合は、それを使ってシーンを表示する
  if(displays.length > 0) {
    vrDisplay = displays[0];

    // ボタンがクリックされたときに表示を開始。ユーザーのジェスチャーに応答してのみ呼び出すことができます。
    btn.addEventListener('click', function() {
      // ディスプレイが接続されている場合のみ、表示を要求します。
      if(vrDisplay.isConnected) {
        vrDisplay.requestPresent([{ source: canvas }]).then(function() {
          // アプリの描画を開始するなど。
        });
      } else {
        console.log('Connection to display lost');
      }
    });
  }
});

仕様書

このインターフェイスは、古い WebVR API の一部でしたが、 WebXR Device API に置き換えられました。標準化される予定はありません。

すべてのブラウザーが新しい WebXR API を実装するまで、すべてのブラウザーで動作する WebXR アプリケーションを開発するには、A-FrameBabylon.jsThree.js などのフレームワークを利用したり、ポリフィルを利用したりすると良いでしょう [1]

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報