VRDisplay.getPose()

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

getPose()VRDisplay インターフェイスのメソッドで、現在のフレームが実際に描画される時点の未来の VRDisplay の予測ポーズを決める VRPose オブジェクトを返します。

Note: このプロパティは、古い WebVR API の一部でした。 WebXR Device APIに置き換えられました。

こちらでも非推奨でした。 — 代わりに VRDisplay.getFrameData()VRPose オブジェクトを受け取ってください。

構文

getPose()

引数

なし.

返値

VRPose オブジェクトです。

VRDisplay オブジェクトへの参照を得ると、ディスプレイの現在のポーズを表す VRPose を取得することができるようになります。

if(navigator.getVRDisplays) {
  console.log('WebVR 1.1 supported');
  // Then get the displays attached to the computer
  navigator.getVRDisplays().then(function(displays) {
    // If a display is available, use it to present the scene
    if(displays.length > 0) {
      vrDisplay = displays[0];
      console.log('Display found');

          // Return the current VRPose object for the display
          var pose = vrDisplay.getPose();

          ...

    }
  });
}

しかし、非推奨ではない VRFrameData オブジェクト(VRDisplay.getFrameData()で取得)の pose プロパティを使用して、表示するためにディスプレイに送信する前に各フレームの現在の姿勢を取得することをお勧めします。これはアプリのレンダリングループの各反復処理で行われるため、ポーズデータが最新であることを確認することができます。

仕様書

このインターフェイスは、古い WebVR API の一部でしたが、 WebXR Device API に置き換えられました。標準化される予定はありません。

すべてのブラウザーが新しい WebXR API を実装するまで、すべてのブラウザーで動作する WebXR アプリケーションを開発するには、A-FrameBabylon.jsThree.js などのフレームワークを利用したり、ポリフィルを利用したりすると良いでしょう [1]

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報