VRDisplayCapabilities.canPresent

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

VRDisplayCapabilities インターフェイスの canPresent 読取専用プロパティは,VRディスプレイが(HMDを通じて)コンテンツを表示(present)可能かどうかの状態を Boolean で返します. 

これは,6自由度追跡が可能だけれど VRDisplay.requestPresent() は意味を成さない"マジックウィンドウ(magic window)"デバイスを識別するのに利用できます.canPresent が false の場合,  VRDisplay.requestPresent() の呼出しは失敗し, VRDisplay.getEyeParameters() は null を返すでしょう.

シンタックス

var canIPresent = vrDisplayCapabilitiesInstance.canPresent;

Boolean の値.

TBD.

仕様

Specification Status Comment
Unknown
canPresent の定義
不明 Initial definition

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

参照