VRDisplayCapabilities.canPresent

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。各ブラウザで用いるために、適切なベンダー接頭辞が必要な場合があります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

VRDisplayCapabilities インターフェイスの canPresent 読取専用プロパティは,VRディスプレイが(HMDを通じて)コンテンツを表示(present)可能かどうかの状態を Boolean で返します. 

これは,6自由度追跡が可能だけれど VRDisplay.requestPresent() は意味を成さない"マジックウィンドウ(magic window)"デバイスを識別するのに利用できます.canPresent が false の場合,  VRDisplay.requestPresent() の呼出しは失敗し, VRDisplay.getEyeParameters() は null を返すでしょう.

シンタックス

var canIPresent = vrDisplayCapabilitiesInstance.canPresent;

Boolean の値.

TBD.

仕様

Specification Status Comment
WebVR
canPresent の定義
勧告改訂案 Initial definition

ブラウザの互換性

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support (有) (有) 未サポート 未サポート 未サポート
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: rootx
 最終更新者: rootx,