Response.error()

この記事は翻訳が完了していません。 この記事の翻訳にご協力ください

Response インターフェイスの error() メソッドはネットワークエラーに関連付けられた新規の Response オブジェクトを返します。

Note: これは主に ServiceWorkers に関連しています。エラーメソッドは、必要に応じてエラーを返す為に使用されます。 エラーレスポンスの type は error に設定されています。

Note: "エラー" Response は実際にスクリプトに公開されません。 fetch() に対するそのような応答は、 promise を拒否します。

構文

var errorResponse = Response.error();

引数

無し

返り値

Response オブジェクト

TBD (まだどこでもサポートされていません。)

仕様

仕様 状態 コメント
Fetch
error() の定義
現行の標準

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
error
実験的
Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 16Firefox 完全対応 ありIE 未対応 なしOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 未対応 なしOpera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。

関連項目