Response.error()

Response インターフェイスの error() メソッドはネットワークエラーに関連付けられた新規の Response オブジェクトを返します。

Note: これは主に ServiceWorkers に関連しています。エラーメソッドは、必要に応じてエラーを返す為に使用されます。 エラーレスポンスの type (en-US) は error に設定されています。

Note: "エラー" Response は実際にスクリプトに公開されません。 fetch() に対するそのような応答は、 promise を拒否します。

構文

var errorResponse = Response.error();

引数

無し

返り値

Response オブジェクト

TBD (まだどこでもサポートされていません。)

仕様

仕様 状態 コメント
Fetch
error() の定義
現行の標準

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目