Response.status

statusResponse インターフェイスの読み取り専用プロパティで、このレスポンスの HTTP ステータスコードを保持します。

例えば、 200 は成功を、 404 はリソースが見つからなかったことを表します。

符号なし整数です。 これは HTTP レスポンスステータスコードのうちの一つです。

Fetch Response の例Fetch Response のライブ版 を参照)では、新しい Request オブジェクトを、 Request() コンストラクターを使用して作成し、 JPG のパスを渡します。次に fetch() を使用してこのリクエストをフェッチし、 Response.blob を使用してリクエストから blob を抽出し、 URL.createObjectURL を使用してオブジェクト URL を作成し、これを <img> に表示します。

なお、 fetch() ブロックの先頭で、レスポンスの status 値をコンソールにログ出力していることに注意してください。

js

const myImage = document.querySelector("img");

const myRequest = new Request("flowers.jpg");

fetch(myRequest).then((response) => {
  console.log(response.status); // returns 200
  response.blob().then((myBlob) => {
    const objectURL = URL.createObjectURL(myBlob);
    myImage.src = objectURL;
  });
});

仕様書

Specification
Fetch Standard
# ref-for-dom-response-status①

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報