Response.headers

Response インターフェイスの headers 読み取り専用プロパティはレスポンスに関連付けられた Headers オブジェクトが含まれています。

構文

var myHeaders = response.headers;

Headers オブジェクト

Fetch Response の例 ( Fetch Response live を参照) では、 Request() コンストラクタを使用して新しい Request オブジェクトを作成し、 JPG のパスを渡します。次に fetch() を使用してこのリクエストをフェッチし、 Body.blob を使用してリクエストから blob を抽出し、 URL.createObjectURL を使用してオブジェクトURLを作成し、これを <img> に表示します。

fetch() ブロックの上部でレスポンス headers の値をコンソールに記録している事に注意して下さい。

var myImage = document.querySelector('img');

var myRequest = new Request('flowers.jpg');

fetch(myRequest).then(function(response) {
  console.log(response.headers); // returns a Headers{} object
  response.blob().then(function(myBlob) {
    var objectURL = URL.createObjectURL(myBlob);
    myImage.src = objectURL;
  });
});

仕様

仕様 ステータス 備考
Fetch
headers の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連項目