Response

Fetch APIResponse インターフェイスは、リクエストのレスポンスを表します。

Response.Response() コンストラクタを使い、新しい Response オブジェクトを作ることができます。しかし、ServiceWorker の Fetchevent.respondWithGlobalFetch.fetch() などのように、他のAPIからResponseオブジェクトが返されるのをより頻繁に目にするでしょう。

コンストラクタ

Response()
新しい Response オブジェクトを返します。

プロパティ

Response.headers 読取専用
レスポンスに関連した Headers オブジェクトを含む。
Response.ok (en-US) 読取専用
レスポンスが成功(200-299 の範囲のステータス)したか否かを通知する boolean 値を含む。
Response.redirected (en-US) 読取専用
レスポンスがリダイレクトの結果であるかどうかを示します。 つまり、その URL リストには複数のエントリーがあります。
Response.status (en-US) 読取専用
HTTPステータスコードを返す。(例:200 成功)
Response.statusText (en-US) 読取専用
ステータスコードに対応したステータスメッセージを含む(たとえば、200 で OK)。
Response.type (en-US) 読取専用
レスポンスのタイプを示す。(例:basic,cors)
Response.url (en-US) 読取専用
レスポンスのURLを返す。
Response.useFinalURL
レスポンスの最後の URL かどうかを通知する boolean 値を含む。

ResponseBody を実装しているため、次のプロパティも使用可能です:

Body.body 読取専用
コンテンツのボディを示す ReadableStream の単純なゲッターです。
Body.bodyUsed 読取専用
レスポンスで body が既に使用されているかどうかを示す Boolean 値を保持する。

メソッド

Response.clone() (en-US)
Response オブジェクトのクローンを生成する。
Response.error()
ネットワークエラーに関連した新しい Response オブジェクトを返す。
Response.redirect()
異なる URL で新しい response を生成する

Response は Body を実装しているため、次のメソッドも使用可能です:

Body.arrayBuffer()
Response ストリームを取得し、それを完全に読み込む。これは、ArrayBuffer (en-US) で解決する promise を返す。
Body.blob()
Response ストリームを取得し、それを完全に読み込む。これは、 Blob で解決する promise を返す。
Body.formData()
Response ストリームを取得し、それを完全に読み込む。これは、 FormData オブジェクトで解決する promise を返す。
Body.json()
Response ストリームを取得し、それを完全に読み込む。これは、 JSON オブジェクトで解決する promise を返す。
Body.text()
Response ストリームを取得し、それを完全に読み込む。これは、USVString (text)で解決する promise を返す。

basic fetch example (run example live) では image を取得するために単純な fetch() を使用し、それを <img> タグの中に入れて表示しています。fetch() はプロミスを返し、then の引数として Response オブジェクトを渡します。image をリクエストするとき、レスポンスに正しい MIME タイプを設定するために、Body.blobResponse は body を実装しています)を実行する必要があることに注意してください。

var myImage = document.querySelector('.my-image');
fetch('flowers.jpg').then(function(response) {
  return response.blob();
}).then(function(blob) {
  var objectURL = URL.createObjectURL(blob);
  myImage.src = objectURL;
});

カスタム Response オブジェクトを生成するために、Response.Response() コンストラクタを使用することもできます:

var myResponse = new Response();

仕様

仕様 状態 コメント
Fetch
Response の定義
現行の標準 Initial definition

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目