Response.bodyUsed

bodyUsedResponse インターフェイスの読み取り専用プロパティで、本文が読取済みであるかどうかを示す論理値です。

構文

response.bodyUsed;

論理値。

Fetch リクエストの例Fetch リクエストをライブで実行)では、 Request() コンストラクターを使用して新しいリクエストを作成し、それを使用して JPG を読み取ります。読み取りが成功したら、blob() を使用してレスポンスから Blob を読み取り、URL.createObjectURL を使用してオブジェクト URL に格納し、その URL を <img> 要素のソースとして設定して画像を表示します。

response.bodyUsedresponse.blob() の呼び出し前後にコンソールに記録していることに注目してください。 その時点で本文が読み取られたかによるため、これは呼び出し前では false を返し、その後では true を返します。

HTML コンテンツ

<img class="my-image" src="https://wikipedia.org/static/images/project-logos/frwiki-1.5x.png">

JS コンテンツ

var myImage = document.querySelector('.my-image');
fetch('https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/77/Delete_key1.jpg').then(function(response) {
    console.log(response.bodyUsed);
    var res = response.blob();
    console.log(response.bodyUsed);
    return res;
}).then(function(response) {
    var objectURL = URL.createObjectURL(response);
    myImage.src = objectURL;
});

仕様書

Specification
Fetch Standard (Fetch)
# ref-for-dom-body-bodyused①

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報