PushManager.getSubscription()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

PushManager インターフェースの PushManager.getSubscription() メソッドは、既存のプッシュサブスクリプションを取得します。

これは既存のプッシュサブスクリプションの詳細を含む PushSubscription を解決する Promise を返します。既存のプッシュサブスクリプションが存在しない場合 null 値で解決されます。

構文

​PushManager.getSubscription().then(function(pushSubscription) { ... } );

パラメーター

なし。

戻り値

PushSubscription オブジェクトで解決される Promise

このコードスニペットは、push messaging and notification sample から取ってきました(使用できるライブデモはありません)。

// サブスクリプションをチェックするために、service worker の登録が必要である。
  navigator.serviceWorker.ready.then(function(serviceWorkerRegistration) {
    // 既にプッシュメッセージサブスクリプションがあるか?
    serviceWorkerRegistration.pushManager.getSubscription()
      .then(function(subscription) {
        // プッシュメッセージからサブスクライブ / アンサブスクライブ
        // する任意の UI を有効にする
        var pushButton = document.querySelector('.js-push-button');
        pushButton.disabled = false;

        if (!subscription) {
          // プッシュを購読していない場合、ユーザーがプッシュできるように
          // UI を設定する。
          return;
        }

        // 最新の subscriptionId でサーバ同期を維持する。
        sendSubscriptionToServer(subscription);
        
        showCurlCommand(subscription);

        // プッシュメッセージの購読を表示するために
        // UI を設定する。
        pushButton.textContent = 'Disable Push Messages';
        isPushEnabled = true;
      })
      .catch(function(err) {
        window.Demo.debug.log('Error during getSubscription()', err);
      });
  });
}

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
getSubscription() の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 44.0 (44.0)[1] 未サポート ? 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[2] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,