PushManager.permissionState()

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

PushManager インターフェースの  permissionState() メソッドは、プッシュマネージャーの許可状態を示す DOMString で解決される  Promise を返します。許可状態は、'prompt' か 'denied'、'granted' です。

ノート: Firefox 44 では、NotificationsPush の許可は統合されています。notifications が許可された場合、 push も使用できます。

構文

PushManager.permissionState(options).then(function(PushMessagingState) { ... });

パラメーター

options 省略可
オプションの設定パラメーターを含むオブジェクト。次のプロパティが設定可能:
  • userVisibleOnly: 返されたプッシュサブスクリプションの効果がユーザーに表示するメッセージにだけ使われるかを示す boolean 値。

戻り値

'prompt' か 'denied'、'granted' を持つ DOMString で解決される Promise

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
permissionState() の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目