PushManager.unregister()

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

unregister() メソッドは、システムに特定の端点の登録を解除して削除するよう依頼するために使用していました。更新された API では、加入は PushSubscription.unsubscribe() メソッドで登録解除することができます。

構文

var request = navigator.push.unregister(pushEndpoint);

プロパティ

pushEndpoint
登録解除する端点です。

返値

DOMRequest オブジェクトで、このメソッド呼び出しの成功または失敗を扱います。

メソッドの呼び出しが成功した場合、リクエストの result が登録解除された端点を表す PushRegistration オブジェクトになります。

PushRegistration

このオブジェクトは無名の JavaScript オブジェクトで、以下のプロパティがあります。

pushEndpoint
端点の URL を表す文字列です。
version
プッシュ通知の端点の現在のバージョンです。

var req = navigator.push.unregister(pushEndpoint);

req.onsuccess = function(e) {
  var endpoint = req.result;
  debug("Unregistered endpoint: " + endpoint );
}

req.onerror = function(e) {
  debug("Error unregistering the endpoint: " + JSON.stringify(e));
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Push API 草案 PushManager インターフェイスを定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報