Notification.vibrate

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

vibrateNotification インターフェイスの読取専用プロパティで、通知が発行されたときに端末のバイブレーションハードウェアが出力するバイブレーションパターンを指定します。これは Notification() コンストラクターの vibrate オプションで指定されます。

構文

var vibrate = Notification.vibrate;

バイブレーションパターンで、これは Vibration API spec で定義されているものです。

次のスニペットは静かな通知を発行するためのものです。単純な options オブジェクトが生成され、通知が Notification() コンストラクターを使用して発行されます。

var options = {
  body: 'Do you like my body?',
  vibrate: [200, 100, 200]
}

var n = new Notification('Test notification',options);

console.log(n.vibrate) // should log [200,100,200]

仕様書

仕様書 状態 備考
Notifications API
vibrate の定義
現行の標準 Living standard

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報