Notification()

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

Notification() コンストラクターは、ユーザー通知を表す新しい Notification オブジェクトのインスタンスを生成します。

構文

new Notification(title)
new Notification(title, options)

引数

title

通知ウィンドウの最上部に表示される、通知のためのタイトルを定義します。

options 省略可

通知に適用するカスタム設定を含むオプションオブジェクトです。使用できるオプションは以下のとおりです。

dir

通知を表示する方向です。既定値は auto で、ブラウザーの言語設定の振る舞いが適用されますが、 ltrrtl の値で振る舞いを上書きできます (ただし、ほとんどのブラウザーがこれらの設定を無視しているようですが)。

lang

RFC 5646: 言語を識別するタグ(BCP 47 とも)を表す文字列を使って指定される通知の言語です。簡単なリファレンスとして ISO 2 letter language codes ページを参照してください。

badge

文字列で、通知自体を表示する充分な空間がない場合に通知の表現に使用される画像の URL を指定します。

body

文字列で、タイトルの下側に表示される通知の本文を表します。

tag

通知のための識別タグを表す 文字列です。

icon

通知の一部として表示されるアイコンのURLを含む文字列です。

image

文字列で、通知に表示される画像の URL を指定します。

data

通知に関連付ける任意のデータです。これはどのデータ型でも可能です。

vibrate

通知が発生したときに端末のバイブレーションハードウェアに通知するバイブレーションパターンです。

renotify

古い通知が新しい通知に置き換えられた後、ユーザーに通知するかどうかを指定する論理値です。既定値は false で、通知しないことを意味します。

requireInteraction

通知が自動的に閉じるのではなく、ユーザーがクリックするか解除するまでアクティブな状態を維持すべきであることを示します。既定値は false です。

actions

通知で表示するアクションの配列です。配列内のそれぞれの要素は、以下のメンバーを持つオブジェクトです。

  • action: 通知上に表示されるユーザーアクションを特定する文字列。
  • title: ユーザーに表示するアクションテキストを含む文字列。
  • icon: アクションとともに表示されるアイコンの URL を含む文字列。

適切なレスポンスは event.action を使用して notificationclick イベント内で構築されます。

silent

通知をサイレントにするかどうかを指定する論理値です。端末の設定にかかわらず、音やバイブレーションを発しないようにします。既定値は false で、サイレントではないことを意味します。

Emogotchi demoソースコードを見る)では、私たちが通知を発生させたいときに、 spawnNotification() 関数を実行しています。関数は必要な本文、アイコン、タイトルを指定する引数を受け取り、必要な options オブジェクトを生成して、 Notification() コンストラクターを用いて通知を発生させます。

function spawnNotification(body, icon, title) {
  const options = {
      body: body,
      icon: icon
  }
  const notification = new Notification(title, options);
}

仕様書

Specification
Notifications API Standard
# dom-notification-notification

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

Chrome の注意事項

Chrome 49 以降では、 incognito モードでは通知が動作しません。

Android 版 Chrome は Notification コンストラクターを呼び出すと TypeError を発生させます。サービスワーカーからの通知の作成にのみ対応しています。詳しくは Chromium issue tracker をご覧ください。

Internet Explorer の注意事項

バージョン 38.14352 以降の MS Edge は通知 API に対応しています。 Wikipedia - MS Edge

IE 11 以前では対応していません。

関連情報