Notification.timestamp

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

timestampNotification インターフェイスの読取専用プロパティで、 Notification() コンストラクターの timestamp オプションで指定された DOMTimeStamp を返します。

通知のタイムスタンプは、 1970/01/01 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒数で、通知が作成された時刻、または通知に関連づけたい任意のタイムスタンプを表します。例えば、予定されている会議のタイムスタンプは未来に設定することができ、一方、見逃したメッセージのタイムスタンプは過去に設定することができます。

構文

var timestamp = Notification.timestamp;

DOMTimeStamp です。

次のスニペットは通知を発行します。単純な options オブジェクトが生成され、通知が Notification() コンストラクターを使用して発行されます。

var dts = Math.floor(Date.now());

var options = {
  body: 'Do you like my body?',
  timestamp: dts
}

var n = new Notification('Test notification',options);

console.log(n.timestamp) // should log original timestamp

仕様書

仕様書 状態 備考
Notifications API
timestamp の定義
現行の標準 Living standard

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
timestampChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 17Firefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 完全対応 ありSafari ? WebView Android 未対応 なしChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報