ServiceWorkerRegistration.getNotifications()

ServiceWorkerRegistration インターフェイスの getNotifications() メソッドは、現在のサービスワーカー登録を介して現在のオリジンから作成された順序で通知のリストを返します。 オリジンには、アクティブではあるがスコープが異なるサービスワーカー登録が多数あります。 同じオリジンの1つのサービスワーカーによって作成された通知は、同じオリジンの他のアクティブなサービスワーカーでは利用できません。

構文

s​erviceWorkerRegistration.getNotifications(options)
.then(function(notificationsList) { ... });

パラメーター

options Optional
返される通知をフィルタするオプションを含むオブジェクト。 使用可能なオプションは次のとおりです。
  • tag: 通知タグを表す DOMString。 指定した場合、このタグを持つ通知のみが返されます。

戻り値

Notification オブジェクトのリストに解決される Promise
 

navigator.serviceWorker.register('sw.js');

var options = { tag : 'user_alerts' };

navigator.serviceWorker.ready.then(function(registration) {
  registration.getNotifications(options).then(function(notifications) {
    // notifications で何かをします
  })
});

仕様

仕様 状態 コメント
Notifications API
ServiceWorkerRegistration.getNotifications() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser