FileReaderSync.readAsArrayBuffer()

FileReaderSync インターフェイスの readAsArrayBuffer() メソッドは、File または Blob オブジェクトを同期的に ArrayBuffer に読み込むことを可能にします。このインターフェイスは、ブロックする可能性のある同期 I/O を可能にするため、Workerのみ利用可能です。

シンタックス

ArrayBuffer readAsArrayBuffer(
  in Blob blob
);

パラメータ

blob
File もしくは ArrayBuffer に読み込む DOM File または Blob

戻り値

ファイルのデータを表す ArrayBuffer

例外

このメソッドでは以下の例外が発生します。

NotFoundError
DOM File または Blob で表されるリソースが、消去されたなどの理由で見つからない場合に発生します。
SecurityError
以下の問題のある状況のいずれかが検出された場合に発生します。
  • リソースが第三者によって変更されている
  • 同時に多すぎる読み込みが行われている
  • (システムファイルのように) リソースが指し示すファイルが Web からの利用には安全ではない
NotReadableError
同時ロックのようなパーミッションの問題でリソースを読み込めない場合に発生します。
EncodingError
リソースがデータ URL であり、各ブラウザで定義されている制限長を超えている場合に発生します。

仕様

仕様書 ステータス コメント
File API
readAsArrayBufferSync の定義
草案 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

あわせて参照