DocumentType.after()

DocumentType.after() は、一連の Node または DOMString オブジェクトをこの DocumentType の親ノードの子リストの、このDocumentType の直後に挿入します。 DOMString オブジェクトは Text ノードと等価なノードとして挿入されます。

構文

after(... nodes)

引数

nodes
挿入する一連の Node または DOMString オブジェクトです。

例外

let docType = document.implementation.createDocumentType("html", "", "");
let myDoc = document.implementation.createDocument("", "", docType);

docType.after(document.createElement('html'));

myDoc.childNodes;
// NodeList [<!DOCTYPE html>, <html>]

仕様書

Specification
DOM Standard (DOM)
# ref-for-dom-childnode-after①

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報