Firefox 42 は、米国時間 2015 年 11 月 3 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 42 の変更点をまとめています。

Web 開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

ハイライト:

Firefox 41 から Firefox 42 の間に解決した開発ツール関連のバグ一覧

CSS

  • rtl 表記の文字で、writing-mode の縦書きをサポートしました (バグ 1131451)。
  • caption-side の値はテーブルに対して相対的になり、またwriting-mode の値に従って実際の意味が変わります (バグ 1202993)。
  • -moz-margin-start などの非標準プロパティが、対になる標準プロパティ (margin-inline-start など) のエイリアスになりました。以前は逆になっていました。これは CSSStyleDeclaration.cssText が返す値やスタイルルール内のプロパティに対するイテレーションに対して影響があり、どちらも標準的な形式を使用します (バグ 1118103)。
  • 接頭辞付きの CSS gradients は、設定項目 layout.css.prefixes.gradientsfalse にすることで無効化できるようになりました。
  • float とマージンの相殺の動作に関する古くからのバグを、いくつか修正しました (バグ 478834, バグ 538194, and バグ 451791)。

HTML

JavaScript

インターフェイス/API/DOM

DOM & HTML DOM

Service Worker

Web Animations API

Web Animations API の実験的な実装で、サポート範囲が広がりました:

Web Components

Shadow DOM の実験的な実装を変更しました:

WebGL

WebRTC

新規 API

  • ImageBitmap インターフェイスおよび createImageBitmap() メソッドを実装しました。これらは通常の window スクリプトおよび Web workers で有効であり、window や worker のコンテキスト間で効率よく画像を渡すことができます (バグ 1044102)。

その他

MathML

変更なし。

SVG

変更なし。

Audio/Video

変更なし。

HTTP

  • Firefox 41 まで、HTTP/2 レスポンスに含まれる未定義または無効な疑似ヘッダフィールドを、誤って受け入れていました。これが修正され、Firefox 42 より受け入れる疑似ヘッダフィールドは仕様書に従い :status のみになります。独自のフィールドを含むレスポンスヘッダは、異常なものであると判断します (バグ 1136727)。

ネットワーク

セキュリティ

  • 有効期間が 39 か月を超える EV 証明書は、DV 証明書として判断および取り扱われるようになりました (バグ 1145679)。

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

インターフェイス

nsIContentPolicy

  • Gecko 内部やアドオンのコードがさまざまなタイプの要求をより区別できるようにするため、TYPE_EMBED 定数を nsIContentPolicy に追加しました。以前はこのような場合に、TYPE_OBJECT を使用していました (バグ 1148030)。
  • 同様に、TYPE_SUBDOCUMENT 定数を TYPE_FRAME および TYPE_IFRAME に分割しました (バグ 1148044)。

XUL

変更なし。

JavaScript コードモジュール

変更なし。

XPCOM

変更なし。

その他

変更なし。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: yyss,