Intl.Collator.supportedLocalesOf()

Intl.Collator.supportedLocalesOf() メソッドは、ランタイムの既定のロケールで代替しなくても照合で対応するロケールを含む配列を返します。

構文

Intl.Collator.supportedLocalesOf(locales[, options])

引数

locales
BCP 47 言語タグを持つ文字列、またはそのような文字列の配列です。 locales 引数の一般的な形式については、 Intl のページを参照してください。
options

省略可能です。以下のプロパティを持つことがあるオブジェクトです。

localeMatcher
使用するロケールの一致アルゴリズムです。指定可能な値は lookup および best fit で、既定値は best fit です。このオプションの詳細は、 Intl のページを参照してください。

返値

指定したロケールタグのサブセットを表す文字列の配列で、ランタイムの既定のロケールで代替する必要なく複数形の書式で対応されているものを含みます。

解説

locales で指定されている言語タグのサブセットを含む配列を返します。返される言語タグは、ランタイムがロケールの照合に対応しているもので、使用しているロケール一致アルゴリズムが、既定のロケールで代替することなく一致するとみなすものです。

Examples

Using supportedLocalesOf

インドネシア語とドイツ語に対応しているもの、バリ語に対応していないランタイムを想定すると、ピンインの照合がインドネシア語では使用されておらず、インドネシアに特化したドイツ語がサポートされている可能性が低いとしても、 supportedLocalesOf はインドネシア語とドイツ語の言語タグを変更せずに返します。これは lookup アルゴリズムの仕様であること注意してください。 best fit マッチャーは、ほとんどのバリ語話者がインドネシア語も理解しているので、インドネシア語がバリ語に適切であると判断し、バリ語の言語タグも返すかもしれません。

var locales = ['ban', 'id-u-co-pinyin', 'de-ID'];
var options = { localeMatcher: 'lookup' };
console.log(Intl.Collator.supportedLocalesOf(locales, options).join(', '));
// → "id-u-co-pinyin, de-ID"

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)
Intl.Collator.supportedLocalesOf の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
supportedLocalesOfChrome 完全対応 24Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 29IE 完全対応 11Opera 完全対応 15Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 4.4Chrome Android 完全対応 25Firefox Android 完全対応 56Opera Android 完全対応 14Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 1.5nodejs 完全対応 13.0.0
完全対応 13.0.0
部分対応 0.12
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. To make full ICU (locale) data available for versions prior to 13, see Node.js documentation on the --with-intl option and how to provide the data.

凡例

完全対応  
完全対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報